東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

腸内環境と酵素

酵素は、私たちの生命を維持していくために欠かせないものです。

もし、酵素の働きがなければ、人間は生きることはできません。

消化酵素は、腸と腸内細菌が協力してつくり出しています。

人の酵素では分解できない食物繊維も、腸内細菌の中には分解できる酵素を持っている菌がいるので、その力を借りています。

食品からも酵素をとれそうですが、加熱するとその働きは失われますし、生でとっても胃酸でやられてしまいます。

酵素として体内で機能することは基本的にできません。

つまり、酵素がつくられるところは、腸と腸内細菌がメインになるということです。

ですから、これらが活発に働けるよう常に良い腸内環境を意識することがとても重要になってきます。

 

 

ビタミンの生成

腸内細菌がビタミンを作っています。

腸内細菌には、ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミンK2、葉酸を合成する能力があります。

 

腸内細菌はビタミンを合成するのですが、腸内細菌バランスが乱れると、ビタミン供給が減ってしまいます。

美しさを保つにも、やはり良い腸内環境は不可欠なのです。

 

ホルモンの生成

腸は、重要なホルモンをつくる場所でもあります。

別名幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンは90%が腸にあり、脳にはたった2%しかありません。

セロトニンは精神を安定させて幸せな気分にしてくれるホルモンです。

腸内環境を整えることで、消化吸収が効率よく行われるだけでなく、精神の安定にもつながります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する