東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

お腹の固さで分かる異常

押して固かったり、痛かったりする箇所は、腸の動きが悪くなって疲れています。

また、ブヨブヨしてむくんでいることもあります。

これは水分吸収がうまくいっていない証拠です。

右肋骨の下あたりの固さは肝臓の疲れを意味しています。

お酒の飲みすぎやフルーツの食べ過ぎは要注意です。

肝臓は鈍感な臓器なので、疲れていることに気付かないことも多いですね。

 

右の骨盤上部の固さは、肉類をよく摂取する方にみられます。

動物性たんぱく質を摂りすぎると、消化不良を起こす原因になります。

悪玉菌が増えて、ガスが溜まりやすくなります。

 

左肋骨の下あたりの固さは胃の疲れを意味しています。

消化の悪い食べ物を摂りすぎることなどが原因です。

胃が弱っているときは、タンパク質を控えましょう。

 

左の骨盤上部の固さは、炭水化物を多く摂取する方にみられます。

炭水化物を過剰に摂取するとガスが出やすく、ハリを感じることが多くなります。

 

へそ下の部分が柔らかく、ズブズブと指先が入る方は、虚弱体質で体力があまりない方です。

生殖機能の低下を見極める場所でもあります。

 

お腹の冷えチェック

へそ上が冷たいのは胃の冷え。

主に食事内容が原因です。

冷たい物の摂りすぎに注意しましょう。

 

へそ下が冷たいのは 腸の冷え。

子宮が冷えている場合もあります。

PMSにも関係してきます。

 

上も下も冷たいのは 状態としては一番悪いです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する