東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

お母さんの菌を受け継ぐ

お母さんの胎内にいる間は、赤ちゃんは無菌状態です。

そして出産時に産道を通ることで、お母さんの菌を受け継ぐといわれています。

赤ちゃんは生まれて呼吸を始めると、お母さんの菌だけでなく、医療機関に棲みついている菌や医師や周りにいる人たちの菌も体内に取り入れます。

また、赤ちゃんは母乳を飲み始めるとお母さんから抗体を受け継ぎ、細菌やウイルスの感染から身を守ります。

 

腸内フローラの完成

母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内細菌の約90%がビフィズス菌といわれています。

母乳に含まれるオリゴ糖がエサとなって、ビフィズス菌が増えます。

このため、生後半年以上は母乳で育てるのが良いと言われています。

生後1年までには赤ちゃんの腸内環境が整っていきますが、ビフィズス菌が増えるのと同時に悪玉菌や日和見菌を取り入れることで、免疫が獲得できるようになります。

そして出来上がった腸内フローラは、そのまま生涯のパートナーとなります。

 

菌は定着しづらい

ちなみに、ヨーグルトを摂取して取り入れた乳酸菌の多くは胃酸や胆汁酸などで死滅してしまうため、生きて腸まで届くことはほとんどありません。

体内に入ってきた菌は異物とみなされ、体を守るために殺菌されてしまうからです。

また生きて届いた菌も、腸内に棲みついている常在菌によってふたたび異物とみなされ排泄されてしまうため、定着することが難しいです。

しかし、体内に入った乳酸菌は分泌物を出します。

それらの物質が、腸内に棲みついている乳酸菌を応援し、増やしてくれます。

乳酸菌を摂取することで、その乳酸菌が生み出す物質が腸内フローラによい影響を与えます。

また、腸内のビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も腸内フローラを改善するのに有効です。

オリゴ糖は小腸で吸収されずに大腸まで届きます。

 

オリゴ糖の種類

オリゴ糖にはさまざまな種類があります。

・フラクトオリゴ糖(ゴボウや玉ねぎ、にんにくなどに多い)

・ガラクトオリゴ糖(牛乳や乳製品に多い)

・大豆オリゴ糖(大豆や豆乳、味噌などに多い)

・イソマルトオリゴ糖(はちみつなどに多い)

 

 
RESERVA予約システムから予約する