東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

腸では定着せず、通過してしまう

腸内フローラの研究が進んだ最近では、外から入ってきた菌が、仮に腸まで生きたまま辿り着いたとしても、腸にも元々いる菌の集落に定着することは難しいことが分かってきました。

腸の常在菌たちは、人の出生と同時に腸壁に陣取り、腸内で長い年月をかけて、そこに長く棲みつける順応性を獲得した菌です。

そこに、よそ者の菌がきても、そうそう仲間には入れてもらえません。

同じ善玉菌とはいえ、生まれたときからずっと腸内細菌として棲みついている自前の善玉菌にとって、食べ物として外からやってきた菌はよそ者とみなします。

その菌が、どんなに身体にとって良いとされる菌だとしても、腸内フローラに定住できなければ、健康に寄与する物質はつくれません。

そして実際、ほとんどの菌は定住できず、そのまま腸を通り抜けて、排出されてしまいます。

これを通過菌といいます。

通過菌のうち、発酵食品に含まれる乳酸菌や納豆菌などは、通過菌であってもビフィズス菌を増やす働きします。

また、腐敗菌の増殖を抑える働きもあり、腸内環境を整えるのに役立つといわれています。

腸内には400~500種類以上、約100兆個もの細菌が棲みついています。

善玉菌VS悪玉菌のみならず、善玉菌同士でも別の種類の菌同士が勢力争いをしていたり、相性の良い菌同士は共存したりしています。

よそ者の菌がそうそう簡単に定着できる環境ではないのです。

もし、外から入ってきた菌がたやすく腸内に棲みつくことができたとしたら、食中毒の原因菌などの身体に害をもたらす菌もたやすく定着、増殖しやすいということになってしまいます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する