東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

乳酸菌の種類

乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に区別されます。

ヨーグルトやチーズなどの動物に棲息する乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれます。

こちらは栄養豊富な環境下で育つので、他の物質による刺激に弱く、腸まで届きにくいとも言われています。

動物性乳酸菌は発酵に乳糖を主体として利用するものが多く、他の糖では増殖しにくい傾向があります。

野菜や果物などの植物に棲息する乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれます。

栄養素が乏しい厳しい環境下で増殖するため、ヒトの体内に入ってもさまざまな刺激に強く、生きて腸に届きやすい性質を持つと言われています。

植物性乳酸菌は耐酸性や耐塩性などの性質を持っているものや、乳糖以外の様々な糖を利用できるものなど、様々な環境に適応できます。

 

どちらか良いのか?

どちらの乳酸菌の方が良いか一概には言えません。

上手に乳酸菌を摂取して健康や美容に役立てるためには、乳酸菌を含む様々な種類の食品を摂取するといいでしょう。

それぞれに含まれる乳酸菌は多種多様です。 体内で生きる力や働きにも個体差がありますから、まずは色々な食材から摂ることをおすすめします。

 

なかなか実感できない

食生活に乳酸菌を取り入れてみたものの、なかなか効果を実感できないと感じる方もいるでしょう。

乳酸菌の効果を感じる期間には個人差があります。

たとえば、腸内環境への働きという点でみると、腸内環境が変化するには2週間ほどかかるとも言われており、乳酸菌の効果を調べる多くの研究では2週間から1ヶ月ほど継続して摂取しています。

乳酸菌を利用して作られるおもな発酵食品として、ヨーグルト、チーズ、塩辛、ぬか漬け、キムチ、ピクルス、ザワークラフト、味噌、甘酒、日本酒などが挙げられます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する