東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

副腎疲労

副腎には、さまざまなホルモンを分泌する働きがあります。その数50種類以上です。

分泌されるホルモンの中には、ストレスに反応するコルチゾールも含まれています。

ストレスの原因は様々あり、精神的なものだけでなく、肉体的なものや気候の変化もストレスの一因と考えられています。

ストレス過多になるとコルチゾールの分泌が過剰になり、副腎も結果的に疲れてしまいます。

そして、疲れた副腎からは、コルチゾールが十分に分泌されなくなってしまい、身体に不調をきたします。

 

気を付ける食品

まずは、食生活に気をつけましょう。

副腎疲労を予防するために、過剰摂取を控えたい食べ物は甘い物 ・カフェイン ・グルテン(小麦製品) ・乳製品です。

 

甘い物を食べると、血糖値が急上昇し、インスリンが大量に出ます。

インスリンが大量に出た後は血糖値が急降下します。

すると血糖を安定させるため、副腎ではコルチゾールのほか、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンが大量に消費され、副腎疲労を進行させてしまう。

 

副腎ケアのためには体内の炎症を減らすことが大切です。

腸粘膜の炎症の引き金になりやすい食品の代表的なものが、グルテンやカゼインです。

 

最近は健康にいいと注目を集めているコーヒーですが、カフェインには副腎を刺激してコルチゾールの分泌を促す働きがあるため、とり過ぎは副腎の負担になります。

健康な人は朝にコルチゾールが最も多く分泌されますが、副腎疲労の場合、コルチゾールを分泌する力が弱っているため、朝からずっとコーヒーが手放せない人が多いです。

カフェインをとると一時的に元気になるからです。

でも、カフェインの効果が切れるとコルチゾールの出が悪くなり、逆に疲労感が出てきます。

デカフェのものにするなど対策してみてください。

また、ビタミンCは副腎にとても必要なものなので、積極的に摂るのも効果的です。

 

 
RESERVA予約システムから予約する