東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

数や作り出す成分の違い

善玉菌といえば、乳酸菌をイメージする人も多いと思います。

しかし、腸内での菌数や性質を見ると、乳酸菌とビフィズス菌には大きな違いがあります。

大腸の善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌です。

大腸の善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、腸内フローラのバランスを良好に保つ大切な役割を果たしています。

さらに、数の差だけではなく、それぞれの菌がカラダの中でつくりだす成分も違います。

乳酸菌が乳酸をつくりだすのに対し、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸も作り出します。

この酢酸は非常に重要で、より強い殺菌作用で悪玉菌をやっつけてくれます。

また、最近の研究では、酢酸は炎症やアレルギーなどを抑える免疫細胞を増やす働きがあることも分ってきました。

 

年齢とともに減少

ビフィズス菌は、生まれて間もない時から腸内に存在し、健康な赤ちゃんの腸内フローラの大半を占めています。

しかし年齢とともに腸内のビフィズス菌は減少していき、中高年~老年期にかけてさらに減少します。

そして代わりに、悪玉菌が増えてしまいます。

そのため、腸内フローラを良好にするためにも、ビフィズス菌をいかに大腸に多く保ち続けるかが大切です。

 

食物繊維を摂りましょう

現代人の食生活は、食物繊維が少なくなりがちです。

食物繊維やオリゴ糖は、ビフィズス菌をはじめとする腸内の善玉菌に欠かせない存在です。

ビフィズス菌には、腸内のオリゴ糖や食物繊維を代謝して酢酸や乳酸などの代謝物質をつくる働きがあります。

積極的に摂りましょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する