東京で腸もみをお探しなら腸活サロン:フローラ東京
(便秘、むくみ、冷え、PMS、ダイエット)

人口甘味料が太る理由

食事をすると、血糖値が上がり、インスリンがすい臓から分泌されてます。

インスリンの作用で、ブドウ糖をグリコーゲンに変えて筋肉や肝臓で蓄えます。その結果、血糖は下がります。

肝臓や筋肉に貯められるグリコーゲンには限度があるので、余ったブドウ糖は脂肪に変化して、体脂肪として脂肪細胞に溜め込まれます。

インスリンの分泌が起こると、体脂肪の蓄積が増えることで太りやすくなります。

 

人口甘味料は血糖値は上がりませんが、インスリンが分泌されることが分かっています。

頻繁に人工甘味料を身体に入ってくると、 インスリンが分泌されている機会が多くなり、 細胞のインスリンを受け取る部分の反応が悪くなってきます。

そうなると、血糖値が上がってインスリンを分泌しても、受け取る部分の反応が悪くなっているので、 いつもの量では通り受け取ってくれません。

結果として「もっとインスリンを分泌する量を増やす必要がある」 と判断してインスリンを今までよりも多く分泌するようになります。

インスリンの量が多くなるほど、体脂肪の蓄積が増えるので、 どんどん太りやすくなっていきます。

受け取る部分の反応が悪くなる→インスリンの分泌量を増やす→ 受け取る部分の反応が悪くなる→インスリンの分泌量を増やす→、、、 と無限ループのように悪循環になっていきます。
 

満腹中枢がおかしくなる

人工甘味料の種類にもよりますが、フェニルアラニンやアスパラギン酸といった成分が主要の場合が危険です。

この2つの成分は、満腹ホルモンのレプチンを活発にします。

レプチンは満腹になったことを脳に伝える役割を担っています。

レプチンが活発に分泌されることで受け取る側の反応が悪くなってしまい、満腹度が麻痺した感覚になってしまいます。

インスリンの場合と全く同じです。

そうするといつもなら満腹を感じるはずの所をこえても、まだまだお腹がすいてる感覚に陥り食べ過ぎてしまう結果になります。

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する