東京・新宿で美容矯正をお探しなら笹塚美容皮フ整体
(小顔矯正、骨盤矯正、O脚矯正、ダイエット、美肌、アンチエイジング)

乾燥がしやすい部位

乾燥肌とは、肌の水分・皮脂が不足して潤いがなくなっている状態です。

入浴後や洗顔後に肌がつっぱる、全身がカサカサするなどの症状がみられます。

特に乾燥しやすいのは、もともと皮脂の分泌が少ない膝、ひじ、足裏などです。

顔では頬や目、口のまわりなどが乾燥しやすいです。

 

肌のバリア機能が大切

乾燥と密接な関係にあるのが、表皮の一番外側にある角質層です。

角質層にはバリア機能があり、それが正常に働いていると、肌の水分を保ち蒸散を防ぐとともに、アレルゲンなどの侵入や外部刺激から肌を守ります。

健康な肌は、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーによって常に新たな細胞に入れ替わり、バリア機能が保たれます。

ところが、ストレスや生活習慣の乱れなどでターンオーバーのサイクルが早まったり遅れたりすると、バリア機能が低下し、天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質が生成されにくくなったり、水分が外に逃げやすくなったりします。

つまり、乾燥肌を起こさないためには、肌のバリア機能を守ることが大切です。

 

乾燥する原因

エアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまう仕組みのため、冷房でも暖房でも、長時間使用により空気は乾燥し、肌のバリア機能は低下しやすくなります。

紫外線がシミやシワだけでなく、皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。その結果、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

ナイロンタオルなどによる洗いすぎ、こすりすぎによって、皮膚のバリア機能が低下することがあります。

また、熱すぎる湯のお風呂は、肌にとって必要な皮脂までとってしまい乾燥を助長します。40度を超えない温度が適温でしょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する