自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

老化を抑え、若返り効果も!

運動を始める時期は遅すぎることはありません。始めて継続すればそれだけの効果が出ます。

活動的な生活習慣は健康のために重要です。

運動は老化の進行を抑えるだけでなく、若返りの効果もみられます。

 

運動の効果

心臓病、血管の病気のリスク低下

運動に伴い、酸素を含む血液をより多く筋肉に届けるために、心拍数は増加します。心臓の機能が高まると副作用として安静時の心拍数が低下します。新しい血管が形成され、血圧も下がります。

脳の活性化

血流が増加すると直ちに脳にも良い効果をもたらします。運動をした後は集中力が増します。
運動により、神経細胞の分裂が促されると細胞間の連携が高まり、損傷に強くなるため、脳の働きが高まっていきます。
運動が脳を形成し、萎縮を抑えるだけでなく、認知能力を高めることが証明されています。ニューロンの成長と残存脳内に存在する損傷タンパク質を無害化し、アルツハイマー病の発症を遅らせます。運動によってエンドルフィンが活性化されると、気分は明るく、体調が良くなり、認知能力も高まります。
これにより定期的に運動すると幸福感が増します。

うつ予防

エンドルフィン、セロトニン、ドーパミン、グルタミン酸、GABAなどの数々の神経伝達物質が分泌されます。運動はうつの予防や治療効果が最も高いとされています。

骨を強くする

関節や骨には、運動により、体重の5-6倍の負荷がかかると言われます。骨は、年齢と共に少しずつ減りますが、運動により、歳をとっても骨量を維持することが可能です。
骨粗鬆症に最も効果の高い運動にウェイトトレーニングが挙げられます。骨は柔らかい組織ですから、歳と共に密度が減り、もろくなります。運動不足であればなおさらです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する