東京・新宿で美容矯正をお探しなら笹塚美容皮フ整体
(小顔矯正、骨盤矯正、O脚矯正、ダイエット、美肌、アンチエイジング)

レクチンの及ぼす害

レクチンは体内の炭水化物に結合するタンパク質です。レクチンは特にナス科の野菜、果物、穀物、豆類などに最も多く含まれます。

小麦のグルテンは、実はレクチンの一種です。小麦が身体に非常に悪い理由の1つは、小腸壁からの栄養素吸収を邪魔します。

難消化性で多く食べ過ぎると腸壁にくっつきダメージを起こすことが知られています。

腸壁へのダメージは結果として、炎症や自己免疫疾患や肥満症や腸炎を招くことにつながりかねません。

こうした特性があるので、レクチンは反栄養素として機能し、腸内細菌叢の平衡を崩して腸内細菌叢に有害な影響を及ぼします。

レクチンは炎症を引き起こし、糖化の最終代謝産物を産生します。

また、免疫過剰になったり、神経や細胞に有毒です。

レクチンはレプチン抵抗性を高め、肥満のリスクを高まります。

こうした要因のすべてが病気の原因になる可能性があります。

 

高温調理で安全に食べられる

高熱で調理すればこのレクチンは不活性化し、安全に食べることができます。加熱調理することによって、ほぼ安全な水準にまで減少します。

レクチンは熱に弱く高熱で調理することでその量を1/100以下程度に減らすことが可能です。

圧力鍋を使用すると、すごく良いです。

圧力鍋を使った調理方法なら、他の調理法よりも多くの栄養素を保存することもできます。

加熱調理以外にも、充分な時間浸水させて発芽させたり、発酵させることで、レクチンは減少します。

 

 
RESERVA予約システムから予約する