自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

白湯の効果

白湯は、身体を温めて血行を促進や内臓機能がアップすることによって、デトックス効果やダイエット効果、美容への効果なども期待できます。

内臓の温度はだいたい40℃くらいと言われています。

それよりも温かい温度、50~60℃くらいの白湯をゆっくりと腸に流し込むことで、腸内に溜まった老廃物を綺麗に流し、体外に排出してくれます。

美容にも健康にも良い働きを持っており、誰でも手軽に出来るため、積極的に利用すると良いでしょう。

 

内臓の機能が向上すると、消化も良くなり、老廃物を排出することもできます。

デトックスして体内から老廃物を取り除くことで、代謝がアップし、身体機能を回復させてることができます。

体内の老廃物や余分な水分が減っていくと、むくみの解消だけでなく美肌効果も期待できます。

新陳代謝が活発になるため、脂肪が燃焼しやすくなります。

血流がよくなるため免疫力が高まることも期待できます。

 

白湯の作り方

白湯に使う水は、できれば塩素の含まれていないミネラルウォーターがおすすめです。

やかんや鍋に水を入れ、強火で沸騰したらふたを取ります。ぶくぶくと泡が出てきたら火を弱めて、湯気を逃しつつ15分沸騰させ続けましょう。

熱い状態からは自然に冷まして、水で薄めることは避けましょう。

 

白湯の飲み方

たくさん飲みすぎると、内臓に負担がかかります。

飲みすぎると逆にむくみが出たりトイレが近くなったりするので、1回に150ml~200mlをわけて飲み、1日の合計800ml程度がよいでしょう。(白湯とその他の水分を合わせた全体の推奨量は1.8~2リットルと言われています。)

朝に白湯を飲むのは、内臓をゆっくりと目覚めさせる意味でも有効です。内臓が活性化し、便秘解消にもつながります。

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する