自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

瞑想の目的

瞑想の目的は気づきと妄想の停止です。

妄想はせず今、現実に自分に起こっていることのみに意識を集中することです。

 

私たち人間は、過去の出来事を思い出して後悔したり、まだ分からない未来のことを思い煩って不安になります。

ストレスをわざわざ自分でためてしまうわけです。

幸せに生きるには、そうした過去や未来のしがらみから離れることが大切です。

私たちの注意を今の時点に集中させることができれば、過去の後悔も未来への不安も浮かんでこなくなります。

実際、現実では何も起こっていないのに、ただ辛いことを想像するだけでも、 ストレスホルモンが過剰に分泌されるといいます。

そんな状態を止めるためにも、瞑想は有効です。

 

呼吸に意識を向ける

瞑想を行う中で、自分の頭の中の考えを一切評価することなく、モニタリングしていきます。

楽に座って呼吸に意識を向けます。

この時に、頭の中に浮かび上がる雑念を止めようとする必要はありません。

出てくるものとして認めておきます。そして、また呼吸に意識を向けます。

大切なのは、雑念が湧いたことに対して自分を責めるのではなく、雑念が湧くのは心の性質なので気にせずに淡々と呼吸に戻ることです。

これを繰り返していくと実生活においても自分の注意をいつでも今に戻すことができるようになります。

 

瞑想での具体的な効果

・集中力を高める効果
・不安やストレスの軽減効果
・人間関係のストレスを軽減する効果
・睡眠の質改善やダイエットにも効果がある
・新しいアイデアが湧きやすくなる

 

瞑想の効果により、 記憶に関わる海馬が回復する可能性があり、 不安や恐怖に反応する偏桃体が減少する可能性があります。

脳がこうして回復すると、ストレスへの過敏な反応も抑えられるため、 うつ病やパニック障害の改善にもつながると言いわれています。

また、集中力が高まり、ここぞというときにベストパフォーマンスを発揮できるようになったり、仕事を効率良く進められるようになります。

さらには、ストレス緩和や新しいアイデアの創造、ダイエット効果もあります。

 

瞑想のやり方

1.まず背筋を伸ばして、体を左右横にゆすりながら、 体が真っ直ぐになる位置を見つけます。

2.肩の力を抜いて、目を軽く閉じます。

3.次に呼吸に注意を向けていきます。

 

瞑想で大事なのは 調心・調身・調息の3つです。

調心とは心を整えること、 調身とは姿勢を整えること、 調息とは呼吸を整えることです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する