自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

プラシーボ効果とは

プラシーボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言います。

この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもあります。

特に痛みやなどの症状に対しては、偽薬にもかなりの効果があるとも言われています。

治療法のない患者や副作用などの問題のある患者に対して安息をもたらすために、本人や家族の同意を前提として処方されることがあります。

 

しかし、偽薬によって副作用が現われることもあります。それをノーシーボ効果と言います。

副作用があると信じ込む事によって、出現するのではないかと言われています。

また、この薬は効かないと思い込むことによって、薬剤の効果がなくなるケースもあります。

 

日常生活でのプラシーボ効果

どうせムリだと諦めていると上手くいきません。

絶対に出来ると諦めないと思い込んでいると、普段の何倍もの力を発揮できることがあります。

これもプラシーボ効果です。

また、いつまでも変わらない自分を想像していると、数年後も同じような生活を変わらずしています。

しかし、自分は絶対に成功するんだと思い込んでいると、行動から変わってきます。

普段の食事や日用品なども、何も考えないで行動しているよりは、しっかりと効果を実感しながら行動することで、実際の効果を何倍にも出来ます。

 

思い込みで良くなることがあるのなら、同じく思い込みで悪くなることもあります。

嫌なことや辛いことがあった時に、考えすぎてしまい負のスパイラルにはまっていることがあります。

うつ病になることもあります。

そんな時にプラシーボ効果を覚えておくと、気持ちだけでも前向きに思い込むようにすることで、悪い効果をもっと薄めてあげることが出来ます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する