自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

香りと自律神経

香りはヒトの感情や行動、記憶を司る大脳辺縁系に直接働きかけ、様々な効果を与えています。

香りの分子は電気信号として鼻の奥にある嗅神経に到達し、人間の本能をつかさどる大脳辺縁系に伝わります。

この大脳辺縁系は自律神経やホルモン、免疫の調節も司っていますが、その働きはストレスを受けると低下してしまい、病気など体に不調が現れます。

しかし、香りで脳をリラックスさせてストレスを取り除くことによって、自律神経などの自己免疫機能は向上し、病気にもなりにくくなると言われています。

 

香りの即効性

視覚や聴覚の電気信号は、知性に関わる新しい脳「大脳新皮質」に最初に伝えられます。

これが嗅覚との大きな違いです。

嗅覚が伝わる「大脳辺縁系」は、自律神経系をつかさどる視床下部と連携しています。

そのため、気分や感情といった精神面と体温や睡眠、ホルモン分泌や免疫機能などの改善に早く効果を出します。

よい香りを嗅ぐと反射的に安らぐのは、このような嗅覚ならではの伝達メカニズムにあるのです。

 

香りでストレスケア

香りの成分の中には、リラックス作用をもたらすものもありますが、知識で判断せず、直感的に好きな香りを選ぶのが一番リラックスできるはずです。

どんな成分であれ、脳が気持ちいいと反応することが自律神経系に良い作用をもたらします。

好きな香りを好きな時に楽しみ、日々の生活のストレスから解放され癒されるだけでもとても前向きになれるのではないでしょうか。

 

 
RESERVA予約システムから予約する