自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

飲む点滴

甘酒には別名があり、飲む点滴といわれています。

米麹を使った甘酒には、私たちのからだに必要なほぼ全ての栄養が入っていると言ってもいい程、たくさんの栄養素が含まれています。

消化の吸収を助けてくれる消化酵素と、エネルギーに転換してくれるビタミンB群が豊富に含まれていることで、体力回復に優れています。

甘酒は薬やサプリメントではないので、カラダへの負担はなく、スムーズに消化吸収されます。

実際に甘酒は病院で打つ点滴の成分とほぼ同じです。

 

甘酒の種類

甘酒には種類が2つあります。

1つは、麹を発酵してつくったもの、もう1つは酒粕に砂糖を加えたものです。

麹を発酵してつくったものをオススメします。

手間隙がかからない酒粕で作られている甘酒の方が流通が多いようですが、 酒粕から作られた甘酒には、甘みを増すために大量の砂糖を加えています。

一方、米麹で作られた甘酒は米と麹を発酵させて作り、 発酵の段階で自然の甘さが出ますので、砂糖は不使用です。

栄養素が豊富なのは、酒粕から作られた甘酒ではなく、 米麹から作られた発酵食品の甘酒です。

 

甘酒の効果・効能

甘酒には、必須アミノ酸9種がすべて含まれています。

必須アミノ酸は、筋肉や血管・脳などの細胞を作る上で必要不可欠で、老化を防ぐ働きがあります。

必須アミノ酸は人間の体内では作れないので外から取り入れなければなりません。

 

100種類以上の酵素のおかげで、食べ物を食べた際に消化酵素を節約することができます。

その結果、自身の限りある酵素を代謝へ回すことができるので、細胞の入れ替わりや修復がスムーズになります。

 

甘酒は菌の宝庫です。また、食物繊維やオリゴ糖がバランス良く豊富に含まれているんで 腸内フローラが活性化し便通もスムーズになります。

結果として、腸内環境が整い免疫力がアップして、病原菌などの侵入を防いでくれます。

 

酒粕には美肌成分であるコウジ酸というものが含まれていて、美肌効果があると言われています。

コウジ酸にはシミの発生原因となる、メラミンを生まれだすことを抑制してくれる作用があります。

 

甘酒にはビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどのビタミンB群が含まれています。

ビタミンB群は、体内の様々な代謝やたんぱく質の合成にかかわっていいて、肌の調子を整えるために摂りたい栄養素のひとつです。

また、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム、リンなどのミネラルも含まれています。

 
RESERVA予約システムから予約する