自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

脳内報酬系

人間を含めて動物は快感を求めることが行動の重要な動機になります。

このような快感が生じる仕組みは脳内にあり脳内報酬系と呼ばれています。

脳内報酬系は、人や動物の脳において欲求が満たされたとき、あるいは満たされることが分かったときに活性化し、快感の感覚を与える神経系です。

A10神経系と呼ばれる神経系が脳の快楽を誘導する脳内報酬系の経路として知られています。

興奮や感動をしたときに、脳の中にはドーパミンが放出されます。

脳内報酬系には、ドーパミンが多く存在し、放出されるとワクワクした喜びの感情が起こります。

 

脳の働きに関与している

A10神経は脳幹の神経核から始まり、視床下部、大脳辺縁系を通り、大脳新皮質の前頭連合野、側頭葉へ達する神経です。

A10神経系が刺激されると、ドーパミンが放出され、脳内に心地良い感情が生じると考えられています。

この感情が脳の機能に大きく関わってきます。

最初にポジティブな感情を持つと、脳の理解力や判断力、思考力、記憶力は威力を発揮します。

逆にネガティブな感情を持つと脳は活発に働きません。

好きなことには集中できたり、興味のある情報にはすぐに反応するといった経験は誰にでも覚えがあるのではないでしょうか。

 

中毒性がある

このシステムは、正常な快感とともに、麻薬や覚せい剤のような薬物による快感や、薬物への依存の形成にも関わることが知られています。

脳内報酬系においてドーパミン放出を促進し快感を生じると、それが条件付け刺激になって依存症や中毒という状態になります。

コカインのような覚せい剤やモルヒネなどの麻薬のように依存性をもつ物質は、脳内報酬系を賦活します。

また、糖質も甘味も薬物依存と同じ作用をすることが動物実験などで明らかになっています。

快感を求めて甘味や糖質の摂取を求め、次第に摂取量が増え、摂取しないとイライラなどの禁断症状が出てきます。

砂糖の多い食品や飲料の過剰摂取は甘味による快感によって引き起こされ、これは薬物依存との共通性が指摘されています。

 

糖質の脳への作用

糖質は脳神経の主なエネルギー源です。

したがって、糖質の多い食事で血糖が上がることは脳にとっては快感となり、報酬系を活性化するように糖質を求めるようになります。

また、甘味物質や糖質は脳内麻薬と言われるβーエンドルフィンの産生を増加させることが報告されています。

エンドルフィンは脳内モルヒネと呼ばれています。

甘味物質や糖質は脳内報酬系のドーパミンと、脳内麻薬のエンドルフィンを増やすことによって、強い快感を感じるようになります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する