自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

観葉植物の効果

空気中の有害物質の吸収

シックハウス症候群の原因となる有害物質を吸収する力があります。健康被害を抑える役割を持っています。

マイナスイオン濃度上昇

マイナスイオンは心拍の安定、血圧を下げる効果、リラックス効果があり、心身の健康に良い働きをします。
マイナスイオンは身体の酸化を抑えて、疲労回復や免疫力アップにつながります。

カビ、バクテリアの抑制

空気中を浮遊している人体に有害なカビの胞子やバクテリアを抑制します。
もともとは観葉植物が自身を守るために放出しているのですが、結果的に私たち健康も守ってくれています。

リラックス効果

植物が目に入る環境下では、脳波のアルファ波が増幅されます。アルファ波は血圧を低下させ、筋肉の緊張をほぐし、リラックス状態にさせてくれます。

目の疲れを癒す

観葉植物は目の疲れを癒してくれます。 パソコン画面を見る仕事をしながら、観葉植物のある場合と、無い場合で眼精疲労の影響を調べる実験がおこなわれ、前者の方が眼精疲労が小さいことがわかりました。

快適な湿度調整

葉から水分を放散し快適な湿度に調整してくれます。植物が放出する水分はクリーンなものです。ドライアイを軽減してくれます。

森林浴効果

フィトンチッドという揮発性の成分が関係あります。防虫効果や殺菌作用のあるこの成分は、自律神経を整えて精神をリラックスさせる効果があるといわれています。

 

部屋の中も汚染されている

実はお部屋の中には人体に悪影響を及ぼす物質が多く含まれています。

室内の空気汚染の主な要因は、壁紙や家具などから発生する揮発性の有機化合物や、たばこの煙、調理の際に発せられる排気などです。

また、現代の住宅は冷暖房が効きやすいように密閉効果に優れており、室内の汚れた空気の出口がありません。

 
RESERVA予約システムから予約する