自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

F1種とは

F1種(交配種)は大量生産・大量消費用として農家が栽培しやすいよう人工的に品種改良を重ねた雑種です。形と味が均一な作物ができます。

普段多くの人々が何気なく口にしている身近な作物の種です。

このF1種と対極にあるのが固定種と呼ばれる種です。

これは地元の風土と気候に合わせて自然に少しづつ改良されたものです。

 

それぞれの特徴

F1種は、一代限りです。その一代目の個体が人間が意図したとおりの形姿や性質を備えていれば、それで使命を果たします。

その個体から二代目以降が生まれることは想定されていません。

実際に、F1種の個体から二代目はできにくいといわれます。

例えできたとしても、二代目の個体は親とは全く違った形姿や性質をもっているなど、同一品種としての特性を保持しずらくなっています。

そうなると元々の品種改良した目的から外れてしまうので、一代限りで役目を終えます。

これに対して在来種は、品種としての特性が親から子、子から孫へと代々保たれています。

世代を超えて種として存続していくことができます。

このことは在来種が長い年月をかけて環境に適応しながら生き延びてきた証です。

 

見分け方

今日品種改良されてできた新品種のほとんどが、F1であるといわれています。

流通している野菜や花の種の多くがF1種です。

例えば、家庭菜園をしようと思って種を買いに行った時に、商品の包装袋に、〇〇交配と書かれていた場合はF1種です。

はっきりとF1種と書かれているものもあります。

在来種とか固定種の袋には在来種とは書かれていません。

なので、F1種か在来種かを見分けるには、袋に交配と書かれているかどうかで判断して下さい。

 

種を残さない作物は当然ながら人間にも同じ作用をもたらす可能性が強いです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する