自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

掌蹠膿疱症の症状

掌蹠膿疱症は、膿がたまっている膿疱と呼ばれる皮疹が、手のひらや足の裏に生じる疾患です。

手の平では中央や親指の根元、小指の根元に多く発症し、足の場合は土踏まずや足の縁に比較的多く発症します。

また、爪にも膿疱が生じることもあり、爪が黄色に変色し変形する場合もあります。

激しいかゆみがあり、時には痛みを伴うこともあります。

手のひらや足の裏の皮膚がだんだん厚くなり、赤黒くなるケースが多くみられます。

患部の状態は、赤くただれます。

赤みはお互いにくっつき合って、手のひらや足の裏全体の皮がむけて赤くなる状態になり、そのなかに膿疱やかさぶたが見えるようになります。

掌蹠膿疱症を放置すると合併症を発症する可能性もあります。

合併症で有名なのが、掌蹠膿疱症性骨関節炎です。

この合併症を引き起こすと胸骨や肋骨などに炎症が起きて、関節に激痛が起こるというものです。

その後も放置していると関節が変形することも考えられます。

長期間症状を繰り返し、慢性的に症状が現れます。

周期的に良くなったり、 悪くなったりを繰り返します。

 

感染はしません

水虫に症状が似ていますが膿疱の膿から真菌は検出されません。

膿疱は、細菌やカビがいない無菌性のものです。

病気に気付かない人、単なる湿疹や水虫と診断されてしまう人も多いようです。

無菌性であるため他人への感染の心配はありません。

 

根治の難しい病気

ステロイド薬の外用、免疫抑制薬の内服、紫外線療法などがありますが、短期間での根治は難しい病気です。

原因は不明ですが、歯の根の膿、歯周病、扁桃、副鼻腔、リンパ節などの病巣感染や金属アレルギーが原因で発症するとされています。

また、ビオチン欠乏も原因として考えられています。

医科では、軟膏の使用、薬の服用、扁桃の除去、ビオチン療法、禁煙等の治療をおこないます。

歯科では、金属アレルギー治療、歯の根の治療、歯周病治療などの抜歯をおこないます。

掌蹠膿疱症に対する西洋医学的な治療法は対処療法のみです。

 

掌蹠膿疱症の3つの原因

掌蹠膿疱症は自己免疫疾患なので、その原因は様々です。

その引き金としては以下の3つがあげられています。

・扁桃炎、副鼻腔炎、中耳炎、歯槽膿漏、虫歯等の疾患に多くみられるため、その原因となる菌による生体反応によるもの。

・歯を金属等で治療している場合、金属アレルギーによるもの。

・タバコの吸い過ぎ等による咽頭炎、喉頭炎によるもの。

原因と疑われるからには、金属アレルギーのテストを行う、扁桃腺を摘出する、歯の詰め物をみんな非金属に変える、禁煙するなど、すべて取り除いていくのも方法ですが 、これらすべてを試しても、ちっとも変わらないという人も残念ながら多いです。

自己治癒力の低下、免疫力の低下などが起こっていると考えられます。

 

ステロイド外用薬

一番多いのはステロイド外用薬を塗って症状をコントロールするという対症療法です。

掌蹠膿疱症は発症部位が足の裏という皮が厚くて薬が浸透しにくい場所にありますから最初から強いステロイド剤が処方されます。

ステロイドのランクが強いものほど副作用に気をつけなくてはなりません。

炎症は治まっているのに、再発予防のつもりで塗り続けたり、保湿剤のようなつもりで安易に塗るのはとても危険です。

ステロイド軟膏は皮膚症状を和らげても原因を治しはしませんし、副作用で皮膚が薄く弱くなると、治療はこれまで以上に難航します。

 

その他の治療法

ビオチン治療法

ビオチンとはビタミンの一種でビタミンB7やビタミンHと呼ばれています。

ビオチンは腸内でつくられるビタミンですが、 腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が繁殖して しまうとビオチン不足になります。

ビオチンを飲みながら、 ミヤリサンで腸内環境を改善する というビオチン療法で、掌蹠膿疱症は治療していきます。

禁煙

掌蹠膿疱症の患者のうち80%以上が喫煙者と言われてます。

タバコに含まれているニコチンを解毒するのに、ビオチンを大量に消費してしまいます。

もし、発症した人がタバコを吸っていた場合、禁煙することがまず最初です。

食生活の見直し

外食やコンビニ弁当など市販の食品にはたくさんの添加物が含まれています。

添加物もビオチンを大量に消費してしまします。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬にはかゆみを止める作用があります。

掌蹠膿疱症には耐え難いかゆみがあります。

金属アレルギー

歯科治療で使われた金属に反応してしまう場合、その金属を取り除きセラミックにかえることで症状が治まる人もいる言われています。

他にもアクセサリーなどを長時間つけることで体内に金属イオンが入り、かゆみや湿疹を起こします。

その場合は、その金属との接触を避けることで改善がみられます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する