自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

睡眠の2つの役割

質の良い睡眠は、健康を維持するためには欠かせません。

睡眠には大きく分けてとても大切なふたつの役割があります。

1つ目が、代謝です。

人間は寝ている間に細胞が修理・補修されます。

新陳代謝が行われています。

そして、2つ目は酵素が大量生産されます。

翌日の消化や代謝に備えて、体内酵素をチャージしています。

夜更かしや徹夜をしていると酵素の生産が進みません。

酵素の生産量が少ないと、エネルギー生産ができなるなり、疲れやすくなります。

それが続くと病気になりやすい状態になってしまいます。

 

睡眠不足は酵素不足

質の高い睡眠は、代謝の時間帯(午後8時~午前4時)になるべく眠ることです。

夜11時か12時までには就寝できるといいです。

睡眠のゴールデンタイムといって、夜10時から午前2時までの睡眠が大切だと言われますが、その時刻は酵素が大量生産される時間帯とも一致しています。

寝るのがいつも12時過ぎという方は注意が必要です。

朝の4時までの3~4時間しか酵素を作る時間がありません。

夜9時に寝ている人と比べると、酵素の量も一日あたり半分しか作られないです。

酵素を食事から摂ることも重要ですが、まずは、酵素不足に陥りにくい生活を心掛けるべきです。

酵素不足にならないためには、寝不足に注意するように心がけてください。

pexels-photo-46100

 

 
RESERVA予約システムから予約する