自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

便秘と酸化マグネシウム

市販の便秘薬に多く含まれている成分として広く用いられているのが、酸化マグネシウムです。

酸化マグネシウムが便秘に効果的なのは水分を補ってくれるためです。

便秘が慢性化する原因のひとつには、大腸内の便の水分不足があります。

便秘では、便が腸に長くとどまることによって水分が抜け、固く、小さくなります。

容積が小さくなるため大腸を十分に刺激せず、蠕動運動が起こりにくくなります。

腸内に溜まった便はますます水分を奪われてしまい、ますます出にくくなるという悪循環に陥りがちです。

マグネシウムは便秘に対して食物繊維に似て便をやわらかくする作用があります。

水分で便がやわらかくなるということは、それだけ排便しやすくなります。

pexels-photo-88808

 

副作用は?

マグネシウムはミネラルの一種で、人間の体の中にもともとあるものです。そのため、毒性や副作用は少ないです。

酸化マグネシウムは基本的には目立った副作用のない便秘薬です。

しかし、心臓や腎臓が悪い人の場合は別です。

特に心臓や腎臓が悪いと言われたことがある人は注意が必要です。

大量のマグネシウムは心臓に悪影響を及ぼしますし、腎臓が悪い場合にはマグネシウムの排出がうまくいかず体に蓄積してしまうのです。

あまりに体内のマグネシウム濃度が高くなりすぎると、高マグネシウム血症になる恐れがあります。

高マグネシウム血症になると、怠さや吐き気、血圧低下などの症状が起こります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する