自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

人間の体内時計

人間には、身体のリズムを整えるための体内時計が備わっています。

生体リズムには、1分単位で刻まれるものから1年単位で刻まれるものまで、様々なリズムが存在しています。

月経周期を司ったり、心拍や呼吸のリズム・睡眠のリズムを整えるなど、様々な役割を担っています。

中でも、1日24時間の周期のことを、サーカディアンリズム(概日リズム)と呼んでいます。

 

体内時計の中枢

これらの体内時計が作り出される中枢は、脳の視床下部にある、視交叉上核と呼ばれる場所です。

体のさまざまな臓器や細胞に時計のネットワークがあり、視交叉上核がこれらの子時計のはたらきを統合していると考えられています。

それぞれの子時計は視交叉上核の親時計に従属的であるため、視交叉上核から時刻合わせの情報を受け取っています。

視交叉上核は、眼から入ってきた強い太陽光を関知すると、脳内の中央部分にある松果体という器官に信号を送ります。

その信号を受けた松果体は、メラトニンというホルモンを分泌します。

メラトニンは、睡眠に大きく関係するホルモンで、分泌されてからおよそ14~16時間後に睡眠を促すという働きがあります。

朝7時に朝日を浴びてメラトニンが分泌されると、21時~23頃に睡眠が促されるということになります。

 

体内リズムのズレ

私たち人間に元々備わっている体内時計は、地球上で規則的に繰り返されている、1日24時間の周期とは若干のずれがあります。

このことが、睡眠障害や1日の体調を左右する原因となる場合もあります。

地球の周期は、朝に日が昇り夜に日が沈むまでの1日を24時間として正確に繰り返しています。

私たちもまた、毎日夜になったら眠り朝になったら起きる、という地球のリズムと同じ生活を正確に繰り返し続けています。

しかし、私たちの体内リズムは現実には24時間ではありません。

人間の体内時計は、25時間前後を1日の周期としている事が分かっています。

このため、もし太陽の光が全く入らず、外の様子も分からず、時計が全く無い部屋で生活を送ると、毎日1時間程度ずつ睡眠時間が後退していくと言われています。

1日を25時間として日々の生活を送っていると、徐々に地球の朝晩のリズムとはズレていきます。

 

体内時計を修正するために

どのような要因が人間の体内時計を24時間へと同調させてくれるのでしょうか?

・太陽の光

・時刻の分かる物

・規則的な社会生活

太陽の光は体内時計を24時間に同調させるための一番重要な要因となります。

太陽の光は、目の奥にある網膜を通し、体内時計の中枢である視交叉上核に刺激を伝達します。

この時、視交叉上核の体内時計が24時間のリズムへと同調されます。

夜型の生活やシフト勤務など、日中に充分な太陽光を浴びることができなかったり、不規則な生活を送っている場合は体内時計が乱れてきます。

 

体内時計を乱すもの

夜間に強い光を浴びること。

特に、青色波長を持った光は、光自体が弱くても、太陽の光と同様で視交叉上核に刺激を与えます。

体内時計の時刻調整作用に影響を与え、正確な体内時計のリズムを破壊してしまいます。

・蛍光灯

・LED

・テレビ

・パソコン

・スマートフォン

fashion-person-woman-hand

青色波長の光の影響を受けることで脳が覚醒し、メラトニンの分泌や夜間の深部低温の低下も妨げてしまいます。

健全な睡眠を得るためには、少なくとも就寝前の3時間程度は、こうした光を浴びる事を避けるようにしましょう。

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する