自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

乾癬症状の5分類

尋常性乾癬

乾癬患者さんの約90%が、尋常性乾癬にあてはまります。

頭部や関節部など、摩擦を受けやすい部分に局面上の皮疹がよくみられ、銀白色の鱗屑をともない、境界明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出ます。

大きさ、数、形は様々で、発疹が癒合して大きな病変を作ることもあります。

青壮年期に発症することが多いです。

爪の症状がみられる場合もあります。

かゆみに関しては個人差があり、ほとんどかゆみがない人もいれば、激しいかゆみを訴える人もいます。

 

滴状乾癬

滴状乾癬は小児や若い人に多く見られ、1cm程度の皮疹が全身に出現します。

特に扁桃腺、鼻、のど、歯など、身体のどこかに細菌の感染病巣が存在し、それが悪化する時に起こり、発熱した後に皮疹が出現します。

特に扁桃腺炎が誘因となることが多いと言われています。

扁桃腺を摘出すると治る場合があります。

再発を繰り返したり、尋常性乾癬に移行したりすることがあります。

 

乾癬性紅皮症

皮膚全体が赤くなります。

尋常性乾癬が全身に広がり、皮膚全体が真っ赤に潮紅した状態です。

発疹が全身の80%以上に広がった状態を、乾癬性紅皮症と呼びます。

皮膚の働きが損なわれるため、体温調節が上手くできなくなり、発熱や倦怠感があります。

脱水や電解質異常、低タンパク血症などを伴う場合もあり、入院が必要となることがあります。

最初から紅皮症化した状態で発症する例は稀で、不適切な治療や未治療、薬剤や感染症などの影響で発症するケースが多いようです。

 

膿疱性乾癬

乾癬のなかでも、発熱や皮膚の発赤などとともに無菌性の膿疱が生じる病型をいいます。

手足など体の一部に限局して症状が出現する場合や、全身に症状が出現する場合があります。

全身に症状が出現する膿疱性乾癬は、悪寒や発熱、倦怠感などの全身症状を伴って急激に皮膚が赤くなり、膿疱が多発します。

粘膜症状や関節症状、眼症状などを合併することがあります。

膿疱性乾癬は炎症が強く、全身衰弱が激しい場合には入院治療を要します。

乾癬の中では、稀な病型で約1%程度を占めます。

再発を繰り返すことも特徴です。

 

関節症性乾癬

関節症性乾癬の症状は手と足の指の関節に多く認められます。

また、首や背中、ひざ、足首などの関節や仙腸関節などの大きな関節が障害を受ける場合もあります。

関節に痛みとこわばり、熱感が認められ、発赤を伴う場合があります。

特に爪に乾癬の症状があり、指関節に症状が認められる場合は関節症性乾癬の可能性が高いといえます。

リウマチのように関節が腫れたり、痛んだりする症状が出現しますが、リウマチ因子は陰性です。

関節に強い痛みや変形が起こるため、日常生活に支障が生じます。

乾癬が出てから数年後に関節の腫れ・痛みが出てくる場合が多いと言われています。

 

尋常性乾癬の主な症状

最も特徴的な症状としては、紅斑に付着した多量の鱗屑が挙げられます。

発疹はニキビのように赤くぶつぶつしていて、徐々に拡大していきます。

最初は、1つまたは複数の小さな紅斑が頭皮や肘、膝、背中、臀部などに現れます。

最初にできた紅斑は数ヶ月後には消えることもありますが、消えずに残っていくつかが融合し、大きな紅斑を形成することもあります。

すると、白く厚い垢(鱗屑)がともなうようになっていきます。

鱗屑は、ポロポロとフケのように剥がれ落ちます。

 

発症部位

特に頭部や関節などの皮膚がよく擦れる部分に発症し、時には全身や爪にも発症することがあります。

乾癬は、眼球と口唇以外なら全身どこにでも皮疹は出現します。

爪の表面に発症した場合は、爪を切ることすら困難になることもあります。

これは爪乾癬と呼ばれています。

 

関節炎

発疹以外には関節炎を伴う場合もあります。

尋常性乾癬の患者の約2%程度に発症するとされています。

関節炎をともなう場合はすぐに症状が出ずに、数年後に現れるケースもあります。

 

ケネブル現象

健康な皮膚の部分でも、物理的な刺激を加えるとそこに発疹が生じる現象をケブネル現象と呼びます。

具体的には、健常な場所の皮膚を引っ掻いたり軽く傷つけたりした際に、 新たに発疹が誘発される現象です。

乾癬の大きな特徴とされていて、肘頭や膝蓋などの四肢の伸びる部分や腰、臀部、頭髪の生え際などの外的物理的刺激が加わることの多い部位は好発部位になります。

 

乾癬とかゆみ

乾癬は他の皮膚疾患と比べて、強く皮疹がで出るわりには、かゆみが少ないことが多いと言われていますが、ときには強いかゆみを伴います。

 

何度も繰り返す

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら長く経過をたどるケースが多く見受けられます。

人にうつることはありませんが、見た目に明らかな皮膚疾患であるため伝染すると誤解されることも多く、周囲が正しい知識を持つことが必要になります。

乾癬のつらさはこのような身体的な症状ばかりでなく、肌を見られることにストレスを感じたりして精神的な苦痛を感じている方も多いです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する