自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

睡眠と覚醒に関係する物質

覚醒に働く物質

セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミン・ヒスタミン・アセチルコリン 

抗うつ剤は、ヒスタミンやアドレナリン、アセチルコリン、セロトニンは覚醒させる物質です。

これらが過剰に作用してしまうと、副作用として身体に症状が出てきてしまいます。

反対にこれらを抑え込むような作用があると、眠気がでてきてしまいます。

抗うつ剤は抗ヒスタミン作用が強いものが多いです。

抗セロトニン作用が強い薬は、眠気が強く出てきてしまいます。
また、抗うつ剤はセロトニンやノルアドレナリンを増やすお薬です。

覚醒物質を増やしてしまうので、不眠傾向になってしまうことがあります。

時間はとれていても、睡眠が浅くなってしまい質が低下してしまうこともあります。

このような場合、夜間の睡眠が十分でないので日中に眠気がでてしまうことがあります。

対策方法

抗うつ剤を服用して眠気がでてしまうのであれば、服薬を寝る前にしてしまうのも一つの方法です。

寝ている間に薬の血中濃度のピークをもっていってしまうのです。

効果の持続が長い薬でしたら、1日1回の服用で効果が期待できるお薬もあります。

そのようなお薬では、就寝前に1回服用するだけで大丈夫なこともあります。

効果の持続が短いお薬では、夕方や寝る前の薬の量を増やすなどして工夫をしてみましょう。

medications-cure-tablets-pharmacy-51004

 

副作用と5つの物質

抗うつ薬の副作用を考える時は5つの物質をみていきます。

セロトニン:嘔吐・下痢・不眠・性機能障害

ノルアドレナリン:動悸・尿閉

抗コリン:口渇・便秘・尿閉

抗アドレナリン:眠気・立ちくらみ

抗ヒスタミン:眠気・体重増加 

対策方法

・減薬する

・他の薬にかえる

・副作用を和らげる薬を使う

 

昔からある三環系抗うつ薬は、いろいろな受容体に作用してしまいます。

このため、全体的に副作用が強くでてしまいます。

便秘・口渇・ふらつき・眠気・体重増加などの副作用は、新しい抗うつ剤と比較すると多い傾向にあります。
四環系抗うつ剤は、三環系抗うつ剤の副作用をマイルドにしたものです。

その分効果が不十分であることが多いので、抗うつ剤としてはあまり使われていません。

眠気の副作用が強いものが多いので、睡眠薬代わりに使われたりすることもあります。

新しい抗うつ剤は、作用がしぼられているので全体的に副作用は少ないです。

ただ、特定の物質だけを増やすために、デメリットとしては、離脱症状が多くなってしまうことがあります。
SSRIはセロトニンを、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンを増やす薬です。

どちらもセロトニンが過剰に増加してしまって、これらの副作用がみられます。

また、身体に薬がなれてしまって、急に薬が抜けてしまうと離脱症状が出てくることがあります。

これは、昔の抗うつ剤よりも多いです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する