自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

抗うつ薬の種類と特徴

NaSSA(ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)

〈リフレックス・レメロン〉

睡眠障害・食欲低下に効きます。

眠気・体重増加の副作用があります。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

SNRIは脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンを調整する薬です。

〈サインバルタ〉

意欲の改善に優れています。

痛み止めの効果が高いです。

〈トレドミン〉

副作用がやや少ない薬です。

効果がゆるやか。

SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)

SSRIは脳内で分泌されるセロトニンを調整する薬です。

〈ジェイゾロフト〉

効果がゆるやか。

〈レクサプロ〉

副作用が少ない薬です。

〈パキシル〉

幅広い症状に対応した薬です。

薬をやめる際に離脱症状が出やすい。

〈ルボックス・デプロメール〉

副作用が少ない薬です。効果がゆるやか。

三環系抗うつ薬

脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害し、増加させる効果のある薬です。

〈アナフラニール・トリプタノール・トフラニール・ノリトレン〉

薬の効果が強いです。副作用が多く見られます。

〈アモキサン・ドグマチール〉

体重増加しやすいです。生理不順が起こりやすいです。

四環系抗うつ薬

脳内で分泌されるノルアドレナリンを増加させる薬です。

〈テトラミド・レスリン・デジレル〉

睡眠障害の治療に有効性が高いです。

 

抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質量を一時的に増やす効果があるので、その物質が他の器官にも作用し、副作用があらわれる可能性があります。

眠気・吐き気・食欲不振・口の渇き・便秘・下痢・めまい・頭痛などがあげられます。

 

薬の組み合わせ

抗うつ薬以外にも、患者様の症状に合わせて薬を組み合わせて処方される場合があります。

抗不安薬(デパス、ソラナックス、レキソタンなど)

不安・焦燥が強い場合、出来るだけ早く症状を抑えたい場合などに使用されます。

睡眠薬(マイスリー、レンドルミン、ロヒプノールなど)

睡眠障害が目立つ場合に使用されます。

気分安定薬(リーマス、ラミクタール、デパケンなど)

気分の浮き沈みが大きい場合に使用されます。

非定型抗精神病薬(ジプレキサ、エビリファイ、セロクエルなど)

抗うつ薬のみの処方で効果が低い場合に使用されます。

pexels-photo-143654

 
RESERVA予約システムから予約する