自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

抗うつ薬と性機能障害

抗うつ剤で性欲低下や性機能障害といった副作用が生じる事があります。

性機能障害は、男性であれば勃起障害・射精障害、女性であれば月経の異常や不順などがあります。

性欲低下や性機能障害が生じる一番の原因は、抗うつ剤がセロトニン2受容体を刺激してしまうためだと考えられています。

このセロトニン2受容体刺激作用は、性欲低下、性機能障害の他、不眠の原因となる事もあります。

反対にセロトニン2受容体を遮断する抗うつ剤は、勃起障害(ED)の治療薬として用いられていたことがありました。

抗うつ剤は基本的にセロトニンを増やす働きを持ち、セロトニン2受容体を刺激する方向へはたらきます。

そのため、ほとんどの抗うつ剤で性欲低下・性機能障害が認められます。

また、抗うつ剤にはアドレナリン受容体遮断作用を持つものが多く、これも性機能障害に関係します。

アドレナリンは血管を収縮させ、血圧を上げるはたらきがあります。

抗うつ剤でアドレナリン1受容体が遮断されると、アドレナリンが働けなくなるため、血圧が下がります。

陰部のアドレナリン受容体が遮断されると、陰部の血圧が下がり、血流が減ります。

すると、勃起などがしにくくなってしまいます。

 

対策方法

抗うつ剤の中で性欲低下・性機能障害を起こしやすいのは、特にSSRIです。

この副作用の一番の原因はセロトニンですので、セロトニンに集中的に作用するSSRIが一番起こりやすいのです。

副作用は、セロトニンに対する影響が小さくなればなるほど軽減します。

そのため、抗うつ剤の量を減らせるのであれば、これらの副作用も軽減できる可能性があります。

性欲低下や性機能障害が比較的少ないと言われている抗うつ剤に変更するという方法もあります。

薬の効きは、服薬してから数時間でピークに達して、そこから徐々に低下していくので、1日1回服薬の抗うつ剤であれば、朝に服薬すれば、夜には性機能障害は若干改善している可能性があります。

服薬時間を出来る範囲で調整してみることは有効な方法です。

ただし、服薬時間を日によって変えるのは、良くありません。お薬の血中濃度が不安定になってしまいます。

服薬時間を決めたら、その日以降は原則その時間に服薬するようにしましょう。

 

うつ病の症状としての性機能障害

薬の影響ではなく、うつ病の症状としても性欲低下が生じます。

見分けるポイントとしては、薬の開始時期と性機能障害の出現時期との関係になります。

うつ病の症状としての性欲低下であれば抗うつ剤投与前から症状が認められることが多く、反対に抗うつ剤による性欲低下であれば服薬開始後に認められます。

1

 
RESERVA予約システムから予約する