自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

クエン酸とは

クエン酸は、柑橘類に含まれる酸味成分の一種です。

人間の体内において、摂取した食べ物をエネルギーに変えるために欠かせない成分です。

摂取した食べ物の栄養素が体内に吸収され、酵素やビタミンによって分解される過程でエネルギーがつくられる仕組みをクエン酸回路といいます。

クエン酸は、クエン酸回路の中で着火剤のような役割を担っています。

pexels-photo-27599

 

疲労回復

クエン酸は、体内では細胞内のミトコンドリアで行われるクエン酸回路の構成成分で、エネルギーをつくり出すための中心的役割をするほか、疲労物質である乳酸を分解することにより、疲労回復や筋肉痛の軽減に効果的と言われています。

疲労が溜まると、普段弱アルカリ性の人間の体は酸性に傾きます。

これは、体内のクエン酸回路がうまくまわらなかったことにより、ブドウ糖が分解されたあとの残りカスのようなものである焦性ブドウ糖や乳酸が体内に多く溜まっている状態です。

クエン酸回路を活性化させることで、それらの有害物質が減少されると考えられており、疲労回復に効果的だといわれています。

また、その酸味により食欲を増進させる効果もあるとして、夏バテ防止などにも役立っています。

 

ダイエット効果

クエン酸は、体内で不足することはほとんどありませんが、不規則な食生活などによって、クエン酸回路の働きが鈍くなってしまうことがあります。

クエン酸回路の働きが鈍くなると、エネルギーがうまくつくり出せない状態となるため、代謝が悪くなります。

クエン酸を外から摂取することによって、代謝が向上されることでエネルギーを効率良くつくり出す効果があります。

それにより、ダイエットにも効果的といわれています。

 

クエン酸を多く含む食品

・酢

・柑橘類

・梅干し

 

こんな方におすすめ

・疲れやすい方

・スリムな体型を目指したい方

・スポーツをする方

・食欲不振の方

 
RESERVA予約システムから予約する