自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

外邪とは

外邪とは東洋医学の考え方で、気候や気圧の変化による体への影響のことです。

風邪

季節:年中 特徴:速い、急病 現れる場所:身体の上部 症状:頭痛、鼻づまり、喉の痛み、顔のむくみ

風邪(ふうじゃ)は、いわゆるカゼのようなものです。

カゼは万病の元というように、他の外邪と結びついて一緒に体内へ入り込み、病気を引き起こすことがよくあります。

風は自然界のものだけでなく、乗り物の窓から吹き込むもの、冷房や暖房などの人工的な風もこれに当たります。

 

寒邪

季節:冬 特徴:収れん、滞り 現れる場所:身体の下部 症状:寒気、発熱、汗が出ない、頭痛、内臓の機能低下

寒は冷えや寒さによる体調不良です。

寒い時に肩に力が入ったり鳥肌が立つように、体をギュッと硬く凝固させたり、縮ませたりして、気や血の巡りを悪くし、働きを低下させます。

季節的に寒い時期だけでなく、汗をかいたり、水に濡れた後に風に当たるなどした際の体温低下も寒邪にあたります。

 

暑邪

季節:夏の盛り 特徴:気や体液の消耗 現れる場所:身体の上部 症状:高熱、多量の汗、口の渇き

暑邪は、体内に火が燃え盛っているような状態です。

火で水が蒸発するように、熱が出て大量の汗をかいたり、口が渇いたり、消耗した感覚を伴います。

夏を象徴する暑邪は、これも夏の特徴である湿と結びつきやすく、倦怠感、吐き気、下痢として現れることもあります。

 

湿邪

季節:梅雨、夏の終わり 特徴:重く停滞する、再発する 現れる場所:身体の下部 症状:頭重、全身のだるさ、関節痛、下痢、むくみ、おりもの

湿は梅雨のジメジメ感に象徴される不調です。

動きが遅く停滞しやすい性質で、湿邪による症状は治りにくく再発しやすいという面があります。

また季節以外の要因でも、汗を吸い取りにくく通気性のよくない化学繊維の服や下着も湿邪に当たります。

 

燥邪

季節:秋 特徴:体液の消耗、乾燥 現れる場所:口や鼻から肺 症状:口や皮膚、髪の毛の乾燥、喉が渇く、ぜんそく

燥は秋のかわいた空気のような状態です。

口や鼻から肺にかけてに入り込みやすく、乾燥させるので、痰をともなう咳や喉風邪を引き起こします。

 

火邪

季節:年中 特徴:熱、出血 現れる場所:身体の上部 症状:高熱、不眠、イライラ、口の苦味、歯茎の腫れや痛み、吐血、血尿、腫瘍

火邪には外因性(夏の暑さ以外の外熱:暖房など)のものと、内因性(体内の熱が盛んになりすぎたもの)があります。

火は心と深く関係しているので、イライラや不眠といった症状として現れることもあります。また、火が血の流れに影響すると、鼻血や血尿が出たり、腫瘍のかたちになることもあります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する