自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

黄色ブドウ球菌の繁殖

人の体は、常に無数の細菌に取り囲まれています。

それらは多数で存在することにより、進入した病原性微生物の繁殖を抑制するなど、人と共生しいています。

しかし、アトピー性皮膚炎の皮膚には黄色ブドウ球菌が異常に繁殖し、本来多様性を見せるはずの皮膚細菌巣を覆い尽くすという現象が見られます。

アトピーの人は黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいことが分かっています。

アトピーが重症化した人の皮膚のほうがより多くなります。

特に浸出液が出る部分には黄色ブドウ球菌が大量に検出されます。

人の環境には、いたるところに黄色ブドウ球菌はいます。

人の肌にも付着しています。

ただ、数が多くなければ(増殖しなければ)そう問題は引き起こしません。

黄色ブドウ球菌は人の皮膚や消化器官などに存在する常在菌です。

そのため、健康な人でものどや鼻の中などに高率で検出され、動物の皮膚、腸管などにも存在しています。

黄色ブドウ球菌は、化膿性疾患の代表的起因菌であるだけでなく、食中毒の原因になります。

 

細菌感染しやすい環境

通常、皮膚の表面には何種類もの細菌が付着していますが、健康的な肌の人は肌のバリア機能により、細菌感染を防いでいます。

アトピー性皮膚炎の人の肌はバリア機能が衰えており、些細な刺激でも細菌感染しやすい環境となっています。

アトピーの人の肌にも何種類もの細菌がいますが、症状がひどくなると、細菌の種類が通常の人よりも少なくなり、代わりに黄色ブドウ球菌が過半数を占めています。

また、皮膚をかいた手で他の部分を触ると黄色ブドウ球菌が別の箇所に付くのでそれが炎症の原因にもなります。

皮膚に傷ができたときに化膿しますよね。

この化膿して黄色くなるのは、黄色ぶどう球菌が、皮膚内部から沁み出してきた体液をエサを食べて増殖している証拠です。

 

黄色ブドウ球菌はアトピーの憎悪因子の一つ

重症であればあるほど、多くの黄色ブドウ球菌が付着しています。

黄色ブドウ球菌は痒みの原因でもあるので、痒みや炎症が強くなり症状を悪化させます。黄色ブドウ球菌自体がアレルゲンになったり、菌が産出する毒素が炎症を悪化させると考えられています。

黄色ブドウ球菌は汗などが皮膚にたまると繁殖し、かゆみやかぶれを引き起こします。また、怪我の傷口の周りに繁殖すると、汁をもったジュクジュク傷に変えてしまいます。

健常肌の人は皮膚が弱酸性の為、菌が付いていても、内部に入り込んだり、繁殖したりしないのですが、アトピー肌の人は、血膿などが皮膚表面にある為、肌がアルカリ性になっているので、酸性に弱くアルカリ性に強い性質を持っている黄色ブドウ球菌が繁殖してしまいます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する