自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

オーガニック化粧品とは

オーガニック化粧品とは、肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された有機素材で作られた自然由来の成分を配合した化粧品のことです。

なぜオーガニック化粧品が肌に優しいのかというと、肌に刺激となりやすい化学物質が含まれていないからです。

そのため、敏感肌の人でも肌荒れや乾燥の心配が少なく使用できるという点があります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

 

無添加と自然由来の違い

無添加、自然派、天然由来など、その中身は違います。

無添加化粧品

防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などの人工添加物が含まれていない化粧品のことを指します。

自然派、天然由来化粧品

天然の素材を加工して精製しているもののことを指します。

つまり、無添加化粧品というのは、人工的な化学物質をほとんど配合していない有機素材の成分が含まれた化粧品で、自然派、天然由来成分配合の化粧品というのは、天然成分が含まれた化粧品という意味です。

 

日本のオーガニックコスメの実態

日本にはオーガニックコスメを認定する機関がありません。

その一方で、ヨーロッパやアメリカなどでは「どんな植物がどれくらい使われていたらオーガニック化粧品と言えるか」といった、オーガニック化粧品に関する具体的な独自の認証基準があります。

仏ではエコサート、ドイツではBDIH、オーストラリアはACOというように、各国オーガニックコスメに関する厳しい基準とそれをジャッジする認定団体があり、満たしていないとオーガニックコスメを名乗ることはできません。

日本国内でオーガニック化粧品の明確な定義がないので、「どんなものをオーガニックコスメと呼ぶか」は製造販売する企業に委ねられ、オーガニックコスメと一口に言ってもさまざまな品質のものがあるということになります。

オーガニックとうたっていても、ほんの少ししかオーガニック成分が配合されていないものも多く市場には出回っています。

日本では、化粧品に配合された数十種類もの成分のうち、1種類だけオーガニック成分を使っているだけでオーガニックコスメと名乗れてしまうのです。

 

化粧品の全成分表示のルール

・すべての配合成分を記載する

・配合量の多い順に記載する

・配合量が1%以下の成分の記載順序は自由

・着色料は配合量に関わらず末尾にまとめて記載する

 

オイルの選び方

オーガニックやナチュラルを謳うオイルには自然の恵みをそのままにというコンセプトからあえて高度な精製をせず、目に見える大きな不純物をフィルターを通して取り除いただけの非常にナチュラルなものがあります。

不純物のなかには肌の刺激になるものがあるので、肌が敏感な方は無条件に判断するのではなく、不純物が限りなく取り除かれた純度の高いものを選ぶといいでしょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する