自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

マヤズムとは

マヤズムは私たち一人ひとりが先祖から受け継いできた“負(病気)の土壌”のことを意味します。

それは、歴史的・遺伝的・肉体的・精神的要素を含んでいます。

親から子へ、子から孫へと受け継がれていくものだけでなく、周囲の環境や人、生き物から感染するものもあります。

マヤズムに対抗している生命力が弱まると、病気を発症します。

疥癬マヤズム

キーワード・・・過激さ
身体的特徴・・・かゆみにあらわれる
精神症状・・・マヤズム中、最も恐怖を感じる
精神面の混乱(不安、用心深い、心配)
判断基準・・・不足、欠乏、欠如という特徴を持つ、全ての病的状態および低下状態
免疫不足から感染症により罹患しやすくなる。

 

一番最初に産まれたと言われる根源的なマヤズムです。

疥癬マヤズムの人は、皮膚病にかかりやすい傾向があります。

食欲旺盛ですが、すぐ下痢します。

お風呂が嫌いであまり入ろうとしません。

体は冷たく、沢山重ね着したがります。

見捨てられたという絶望感から楽しむことが出来なくなり、エネルギーが枯渇し始め、体は冷え、食べても何をしても次第に満足出来なくなっていきます。

否定や不満が沸き起こり、頑固になっていきます。

恐怖感が次第に強くなり、他人の言葉に過剰に反応し始め、反発し、革命を起こすような欲望が湧いてきます。

痛みや不安、怒りが増し、不足を何かで埋めようと刺激を求め始め、やがて中毒になっていきます。

 

淋病マヤズム

キーワード・・・協調不能
身体的症状・・・発育における協調不能
増殖または過敏(腫瘍、子宮筋腫、いぼなど)
精神症状・・・感覚、理解力のおける協調不能(放心状態)
判断基準・・・過剰 (肥大、異常増殖、性欲亢進、働き過ぎなど)

 

イボ・リウマチや粘膜の乾燥として表れます。

とても大きなものを欲しがる傾向があります。

強欲、特にお金に執着する傾向があります。

過剰になると、非常にずる賢く、人のものを横取りしても罪悪感を感じないようになります。

現実から逃避し、ファンタジーを求め、幻覚や妄想が膨らみ、イマジネーションの中で生きようとします。

強欲になり、食欲も増し、自分を見つめようとはせずに、外へ何かを求め始めます。

人のせいにする傾向が強く、怒りっぽく攻撃的になっていきます。

攻撃性がある為、エネルギーは高く、どちらかというとおしゃべりです。

腫瘍が出来やすくなり、高血圧や肥満、糖尿病になりやすく、現実を見ず、現在を犠牲にし、常に将来の不安を抱え、悪循環の渦に引き込まれていきます。

見ることを避ける為に、目の疾患が現れ始めることもあります。

 

梅毒マヤズム

キーワード・・・破壊と変性
身体的症状・・・構造的な破壊や変性
(潰瘍の形成、膿の形成、壊死)
精神症状・・・破壊や倒錯
(自分への愛情崩壊→自殺願望、性的倒錯と渇望)
判断基準・・・英語の「dys」で始まる異常・不規則な症状の発現、ジストロフィー、形成不全症

 

遺伝的な奇形や、突然の事故や死など、突然というテーマを抱えるマヤズムです。

とても極端で破壊的で、破滅していく傾向があります。

体は循環器系が弱く、現在に生きることが非常に困難で、生きることが苦痛な為、自殺願望が強く出ることがあります。

アルコール中毒や潔癖症、手を異常に洗うなどという行為が目立ちます。

分泌物の流出が多く、おりものなどが大量に出ていたりします。

憎しみや恨み、嫉妬を強く抱き、生霊となる場合があり、他人を殴りたいという衝動が強く、殴る時は顔の真ん中である鼻(急所)を殴る傾向があります。

無口になり、表情が乏しく、笑うこともなくなります。

ボーっとしていて、すべての物事が悪化していくというパターンが生じます。

 

結核マヤズム

キーワード・・・不満
身体的症状・・・甘い物が好きなのに甘い物で調子を崩すなど、好きなのに楽しめず不満に終わる
精神症状・・・精神状態が変化しやすい、放浪癖
判断基準・・・交互に起こる症状(便秘と下痢が交互に起きるなど)
周期的な症状(7日ごとに頭痛がするなど)
一面的な症状(不眠症、拒食症、偏頭痛、倦怠感など)
はっきりしない症状(アレルギー、不正出血、再発性の問題)

 

肺が弱く、鼻水が垂れ、中耳炎や下痢を起こしやすい傾向にあります。

現実離れした感覚を持ち、精神世界に浸り、希望を探し求め、美しいものを好み、神を信じ、奇跡を待ち、愛や、共に生きるということを口にし始めます。

現実を生きている人から見れば、とても辛気臭く、戯言を言っているようにも見えます。

肺に疾患を持ち、いつも何かを捜し求めてあちらこちらへとさまよいます。

己の不安定を、旅をすることや捜し求めることで満足させようとします。

いろいろな場所やモノを渡り歩く人で、地に足が着いていないような人です。

 

癌マヤズム

キーワード・・・責任
精神症状・・・感情を抑え込み、人前で泣けない、責任感が強く、自分を責めてばかりいる

 

「抑圧」がキーワードです。上から下から抑え付けられて、自分のことが何も言えないまま生きている人です。

疥、淋、梅、結の4つのマやズムが合併したもので、人物像はとにかくいい人といった印象。

抑圧が多く、自身がないので、いつも犠牲的、内向的、従順で人の意見や期待にすぐに従う傾向が強い。

決して本心を出さず、怒らないが実は多感に色々感じている。

肉体は、円形脱毛症、白目が青い(Silicaのよう)ほくろが多いなど特徴的なのですぐ分かる。日本人に多いマヤズムです。

 

医原病(薬物)マヤズム

医原病(薬物)マヤズムはもともとは無かったものなのですが、薬害・予防接種などにより
現在第6のマヤズムができつつあります。

近年、生まれながらにしてアレルギーや重い慢性病を持っている子どもが増えているのも
この医原病マヤズムが関係していると言われています。

 
RESERVA予約システムから予約する