自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

マグネシウムの吸収が妨げられる

マグネシウムは、数多くの酵素の働きを助ける効果もあり、人間の健康を維持するためには必須の栄養素のひとつです。

マグネシウムは体内で300種類以上の酵素の働きを助けています。

神経の興奮を抑えたり、体温や血圧を調整する等の働きがあります。

慢性的に不足すると、不整脈などを引き起こし、虚血性心疾患のリスクが高まります。

加工食品、清涼飲料水などに含まれるリンを多く摂るとマグネシウムの吸収が妨げられます。

大量のアルコール、利尿剤もマグネシウムの不足を招きます。

 

マグネシウムは不足しやすい

体内に存在するマグネシウムの約57%は骨に、40%が臓器や筋肉中に3%が細胞外液と血中に存在しています。

マグネシウムの多くは骨に貯蔵されています。

マグネシウムはカルシウムとは違い、不足しても貯蔵庫である骨から取り出す働きが弱い特徴があります。

マグネシウムは体内にある量も少ないため、きちんと摂っていないとすぐにマグネシウム不足になってしまいます。

吸収率は30~40%と言われています。

pexels-photo

マグネシウムが欠乏するとエネルギーがきちんと生産できなくなるため、疲れやすくなったり、集中力不足、慢性疲労、うつ、食欲不振、循環器系の疾患などになりやすくなります。

特に中高年は食品からの吸収力自体が落ちてくるためマグネシウム不足になりやすいので注意が必要です。

マグネシウムを多く含む食品はナッツや落花生、昆布やひじきなどの海草類、イカ、玄米、大豆、ごま、玄米、緑黄色野菜などです。

 

抗ストレス作用

マグネシウムはカルシウムとともに、骨や歯を作るミネラルです。

抗ストレス作用もあり、ストレス社会と言われている現代では不可欠なミネラルです。

しかし、現代の食生活では充分に摂取しにくいミネラルであり、積極的に摂取する必要があります。

飲酒やストレスは、マグネシウムの吸収を阻害してしまいます。

ストレスを溜めないようにすることや、お酒を飲むときにマグネシウムを含む食品を多く食べるようにすることも大切です。

 

筋肉の収縮

マグネシウムは筋肉にも存在し、筋肉が正常に収縮するように働いています。

心臓の筋肉が正常に収縮することで心筋梗塞や動脈硬化などを予防することができます。

筋肉が正常に収縮しなければ、けいれんを起こしてしまいます。

こむらがえりはマグネシウム不足が原因の場合もあります。

 

血管拡張

マグネシウムは血管が正常に機能するように働きます。 血管を拡張することによって血圧を下げたり、血管が詰まるのを防いだりする働きもあります。

そのため、高血圧や動脈硬化、偏頭痛が予防できます。

 

夜中に目が覚める

アトピーの方で不眠に悩まれている方は多いと思います。

マグネシウムが不足していると、夜中、頻繁に目を覚ますことがあります。マグネシウムは中枢神経の働きに重要な役割を担っていて、精神安定に欠かせないミネラルと呼ばれています。

マグネシウムが不足すると、精神が不安定になるので、夜中に目が覚めたり、睡眠の質が低下したりといった、眠りへの悪影響が起こる可能性もあると言われています。

 

 


RESERVA予約システムから予約する