自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

熱心な人ほど肌を痛める

界面活性剤で肌を守るバリア機能を壊して美容成分を浸透させるというのが化粧品です。

バリア機能が破壊されるので肌にとってかなりのダメージです。

スキンケアに熱心な人ほど、肌を丁寧に時間をかけて洗い、たくさんのアイテムを肌に塗りつけています。

スキンケアに時間と手数をかけるほど、 肌にとっては刺激と摩擦が増すので、肌バリアが破壊されて、炎症する原因にもなってしまいます。

 

間違ったスキンケアによる肌荒れ

肌トラブル対策に良かれと思ってやっているスキンケアが、実は余計に肌荒れを招いてしまう原因になっていることもあります。

そのひとつに、合成界面活性剤を使用した洗顔石鹸を使用しているというものがあります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

 

合成界面活性剤の害

界面活性剤は、水と油をなじませて、汚れ落ちを良くするために欠かせない存在です。

石鹸などで言われる界面活性剤不使用とは、正確には合成界面活性剤を使用していませんという意味になります。

合成界面活性剤とは、石鹸のような天然の成分を自然に反応させて作るものとは違い、科学的に合成をしてその洗浄力を無理やり高めたような存在です。

合成界面活性剤は、洗浄力が高いですが、これが洗顔料に入っていると必要なうるおいまで奪われたり、合成界面活性剤が皮膚に残留してしまうと、皮膚の中に浸透し、肌細胞のタンパク質を変性させてしまうなどといった大きなリスクを生み出してしまいます。

全成分表を見て、下記の成分名があれば、合成界面活性剤です。

・〇〇硫酸

・〇〇グルタミン酸

・〇〇グリシン

・〇〇硫酸塩

 

表示の抜け穴

医薬部外品の洗顔フォームだと、全成分が書かれていないものもあるので、合成界面活性剤が配合されているかどうかが見た目では分からないです。

基本的には界面活性剤不使用または合成界面活性剤不使用という記述がない限りは、合成界面活性剤を使っていると考えてほぼ間違いないと思います。

たとえ、無添加と書かれている洗顔フォームであっても、合成界面活性剤が使われている可能性は高いです。

なぜなら、合成界面活性剤の多くは、表示義務のある添加物として指定されていないため、たとえ使っていても、無添加だと名乗れてしまうという抜け道があるからです。

 

防腐剤による皮膚疾患

化粧品が腐らないのは品質を保持するためにパラペンなどの防腐剤が配合されているからです。

その防腐剤を肌に塗布すると皮膚の常在菌が死んでしまうことになります。

皮膚の常在菌のバランスが崩れたり、数が少なくなると皮膚疾患になります。

 

合成ポリマー

スキンケア化粧品を使った後の肌の潤い、肌のハリツヤの正体は合成ポリマーです。

基礎化粧品は界面活性剤がバリア機能を壊し、 美容成分を浸透させるのと同時に、合成ポリマーが肌表面をコーティングして見かけを美しくみせるという働きをしています。

合成ポリマーは本や雑誌の表紙のコーティングにも使われているものですが、それと同じことが肌表面にも起こります。 肌はつるつるしてピカピカになります。

 

合成界面活性剤により、肌バリアが壊された皮膚に 水を抱え込んだ合成ポリマーが入り込み、一時的に肌がふっくらし、シワが消えたように感じられます。

肌が本当にうるおい、油分に守られている訳ではないのでどんどん肌がもろくなり、化粧品に依存する肌になってしまいます。

コーティングされた状態のまま長時間過ごすと、徐々に皮脂の分泌が減ってしまいます。

すると、皮脂を餌にしていたお肌の上の常在菌(善玉菌)が、どんどん減って行ってしまい、感染症にかかりやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなります。

実際には肌が潤っていないので、乾燥肌がすすみます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する