自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ミトコンドリアの多い場所

ミトコンドリアは、細胞内小器官です。

一つの細胞内に多いときは3000個も存在し、細胞の体積の22%、体重の1割を占めます。

特にミトコンドリアが多いのは心筋、筋肉、肝臓、神経です。

 

ミトコンドリアの3つの役割

エネルギー産生

ミトコンドリアの中では、様々な有機酸が酵素によって変換される過程でエネルギーが作られています。

オートファジー

タンパク質を処理、リサイクルすることです。

不要なたん白を処理しきれなくなるとそれが小胞体ストレスとなり、ミトコンドリア機能にも影響します。

アポトーシスの制御

活性酸素などでDNAが傷つき、修復が追い付かないとき、自殺して悪影響を残さないようにするメカニズムをアポトーシスといいます。

pexels-photo-26980

 

ミトコンドリア機能低下が起きる原因

・ビタミン・ミネラルなど補酵素の不足

・重金属・化学物質

・電磁波・活性酸素

 

ミトコンドリア機能改善対策

・ビタミン・ミネラル補給

・重金属デトックス

・腸内環境改善

 
RESERVA予約システムから予約する