自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

腸内環境とアレルギー

健康な腸では、腸の粘膜を構成している 細胞は隙間なくぴったりくっついています。

腸漏出症では、粘膜上皮細胞に隙間が生じて、異物がそのまま 体内に入ってきます。

浸入してきた異物に対して免疫が反応しま す。

そのため、食物アレルギー検査で多くの食物 が反応している人は、腸管上皮細胞の間 に隙間が空いてしまっている人です。

 

粘膜免疫とは

私たちは毎日、食べたり、飲んだりして無限に近い数の抗原を身体に取り込んでいます。

それは、逆に様々な病原性微生物の侵入にも絶えず曝されているということを意味しています。

腸管は粘膜で覆われ、その粘膜の中では自己と非自己を識別し、常に腸内の状況を監視し、増えすぎた細菌を体外へ排泄したり、腸粘膜を潜って体内に侵入しようとする細菌を排除して、生体を感染防御最前線で護るのが粘膜免疫と言われるものです。

私たちの身体は、これらの異物の体内侵入を防ぐために、体内の約7割の免疫細胞を腸管に配置しています。

このシステムを腸管免疫といいます。

食べ物を食べると消化液や消化酵素によって非自己としての目印が無くなるまで消化され体内吸収が容易になり、免疫反応が起こりません。そのため、口から摂り入れたものには免疫反応が起きにくいのです。

 

免疫の70%は腸に存在している

免疫細胞の60~70%は、全身免疫をつかさどっているリンパ節や脾臓ではなく、腸に存在しています。

腸には、腸内常在菌がたくさんすみ着いていますが、食物と一緒に外界から細菌などの異物がたくさん入ってきます。

それらの細菌から身体を守るため、腸には免疫細胞が集まったパイエル板は腸管においてのリンパ節のような役割を担っています。

 

腸内環境悪化の結果

全身免疫の亢進

自己免疫疾患を増悪させたり、アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患の原因となります。

それが持続することで免疫が疲弊し、免疫低下を引き起こします。

炎症

アトピー性皮膚炎は感染などがきっかけに悪化する事があります。

炎症を抑制するために副腎が酷使されるからです。

毒素

体外に排出されるべき毒素が腸管から吸収されてしまいます。

ビタミンB群不足

腸内環境の悪化は腸管でのB群産生を低下させます。

脳への影響

忍耐不足、鬱状態。

セロトニンの前駆体は 90%以上腸内で作られています。

pexels-photo-185517

 

アトピーと副腎皮質ホルモンと腸内細菌の関係性

副腎皮質ホルモンは胆汁に分泌されて腸管に入ります。

その後、副腎皮質ホルモンは腸内細菌の作用を受けて変換され、再び腸管から吸収されてます。

腸内細菌が正常でないとこのサイクルが上手くいきません。

副腎機能を高めることと、腸内環境を整えることがアトピー改善に大きく関わります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する