自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

水銀の毒性

様々な重金属の毒性が身体に与える影響を与えています。

水銀は体内の様々なところに行き渡り、多くの症状を引き起こします。

また、水銀はミネラルの輸送障害を引き起こします。

水銀は人間が活動するエネルギーを生成しているミトコンドリアの中に入り込み、活性を低下させます。

水銀はミトコンドリアの中に入り込み、機能低下させる猛毒です。

また、水銀は体内の硫黄と結びつくと簡単に脳内に入り込み脳神経に結合します。

そうすると、神経細胞の膜を変性させたり、神経細胞を破壊します。

その結果として記憶障害、震え、不眠症などが起こります。

 

水銀が入ってくる原因

人体に入ってくる主な原因は魚・ワクチン・歯科アマルガムです。

ワクチン

ほとんどのワクチンに水銀を含むチメロサールが含まれています。

理由は水銀には殺菌効果があるからで、防腐剤として使用されています。

ワクチンに含まれる水銀量は多くはないですが、受ける対象が子供であることが問題です。

水銀は神経に多く移行します。

成長途上の子供の神経に水銀が入り込むことで、大人よりも数十倍の影響があると考えられます。

 

水銀のもとは地中のマグマといわれ、それが火山活動で気化され石炭層に沁み込んでいます。

そのため、石炭を用いた火力発電所から水銀が排出しています。

大気中に放出された水銀は土壌、地下水、海水を汚染します。

それが、大型魚を中心とする食物連鎖で蓄積していきます。

日本人における一番の水銀の供給源は魚です。

 

天然の魚のなかでもマグロ、カジキといった日本人になじみ深い魚に蓄積されている水銀濃度が、想像以上に深刻であることが分かりました。

マグロやカジキは、プランクトンからはじまる食物連鎖の中でも1番高いところにいる魚なので、かなりの水銀が蓄積されています。

そのため、摂取に注意が必要な魚介類の多くは食物連鎖の上位にいる種類で、特に大型になる種類は水銀の蓄積量も多くなります。

水銀蓄積のリスクが少ない魚は、食物連鎖の底辺に近く寿命が短い魚で、イワシやサンマなどです。

養殖された魚については、水銀以前の問題です。

抗生物質や化学化合物を含む餌によって養殖されている魚は、やはり体には良くないでしょう。

 

 

魚を食べるなら、小魚のほうがいいです。

小魚なら食物連鎖の影響をあまり受けていないため、危険度はいくらか落ちます。

いろんなものを少しずつ食べれば、毒素のリスクも分散されます。

同じ毒でも同じ種類の毒を摂取し続けると身体にも影響が出やすくなります。

pexels-photo-26438

 

歯科材料アマルガム

歯科材料アマルガムとは、水銀を用いた最も安 価なタイプの歯科修復材料のことです。

銀、亜鉛、銅と水銀の合金で、水銀は 50%を占め ています。

アメリカ歯科医師会はアマルガムから漏れ出る水銀は、無害な無機水銀であり、しかも許容範囲内なので、安全で あると主張をしています。

dentist-pain-borowac-cure-52527

水銀には無機水銀と有機水銀があります。

歯科で使われるアマルガムは無機水銀です。魚に入っているのは有機水銀です。

有機水銀は脂溶性なので、細胞膜を通して体内の様々な個所(神経、胎盤を通過)へ移行し、害を及ぼします。

一方、無機水銀はそれほど移行性は強くなく、排泄されると言われています。

アマルガム内容物の無機水銀は毒性が低く安全といわれていますが、そうとも言えません。

無機水銀は口腔内や腸管内で有機水銀になるからです。

 

おそらく日本人の2人に1人の割合で、このアマルガムによる治療を受けていると思われます。

先進国では使用が禁止され、制限されるような流れがあります。

しかし、日本では未だに何の動きもありません。

水銀の毒性に関する認識が不足していると言わざるをえません。

 

水銀から起こる慢性病

水銀は体内に入り込むと、ミトコンドリアというエネルギーを作り出す働きをしてくれる細胞と結び付きます。

その結果として、人間が活動するエネルギーを生成しているミトコンドリアの働きを低下させて、慢性的な疲労感等の症状を引き起こします。

水銀・アルミニウム・ヒ素・カドミウム・鉛・六価クロムなどの重金属は、ミトコンドリアの天敵です。

特に水銀がミトコンドリアと結び付き、ミトコンドリア機能低下を引き起こし、慢性病の原因になります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する