自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

サプリメントの原料

サプリメントの原料には分子の主要な構造を変化させて製造された合成原料と野菜、果物、酵母等から抽出された天然由来の原料があります。

毎日、安心してサプリメントを利用するならば、より食べ物に近く、吸収率や体内利用率の高い天然原料がおすすめです。

合成原料は安価で高濃度というメリットがありますが、特に安い原料においては不要な化学物質混入のリスクもあります。

天然原料は、吸収率や体内での働きの面で合成品より優れていますが、価格が高く、濃度が低いというデメリットもあります。

 

サプリメントと添加物

サプリメントは添加物を使わずに作ることはできません。

添加物を一切使わずにサプリメントを作ろうとすると、機械に粉が詰まる、材料が均一に充填できない、固まらない、吸湿による品質劣化などの問題が出てきます。

サプリメントに使用する添加物はそれぞれ安全性が確認されてるものですが、組み合わせや量によっては有害性が疑われているものもあり、できる限り摂らない方が良いです。

粒のカサを増やすだけの目的で、添加物を使っているメーカーもあり、粒の半分以上、場合によっては9割以上が添加物であるサプリメントもあります。

 

安全性の高いものを

添加物は化学合成されたものばかりではなく、食品に近いものもあります。

添加物でも、安全性が高く安心なものを選択することができます。

pexels-photo-143654

 

サプリメントが効く条件

製品の質

成分の有効性がそのままサプリメントの有効性にはなりません。

その製品の含有量や吸収率、一緒に加えられている成分との相乗作用などが有効性に影響します。

例えば、カルシウムはマグネシウムと2:1の割合で配合されていると吸収率が高まります。

これにビタミンDが加わるとさらに吸収が促進されます。

カルシウムだけではあまり吸収されません。

このように成分の特性を活かす配合になっているかどうかが重要な要素です。

製造年月日

製造後に経過した時間が長くなればなるほど、サプリメントが酸化し、効力は失われていきます。

摂取の仕方

同じ製品でも摂取する量やタイミング、他の素材との組み合わせなどによって有効性に差が生じます。

利用者の状態

年齢、体格、遺伝的素因、消化・吸収能力、喫煙や飲酒の習慣、運動習慣など、その人の状態や環境によっても効果が変わります。

製品のうたい文句を鵜呑みにせず、自分の体調の変化をみながら効果をチェックする習慣を付けましょう。

 
RESERVA予約システムから予約する