自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

pexels-photo

アトピー患者にはカンジダ菌(カビ)が多い

アトピー性皮膚炎の原因の一つに、腸内細菌のバランス悪化が指摘されています。

実際にアトピー患者の便を調べると一部の細菌が通常より多く検出されることがあり、その一つがカンジダ(カビ)や病原性細菌などです。

カンジダ菌は小腸などの臓器に誰にでも住み着いている常在菌です。

一定の存在は必要です。

カンジタ菌は日和見菌なので、善玉菌、悪玉菌のどちらか強くなったほうにつきます。

腸内菌叢が正常である場合はよいのですが、善玉菌が食生活の偏りなどで減っしまったり、カンジタ菌の大好物の糖質をよく食べたりしていると、カンジタ菌が異常に増え、ガスや毒素は出し、腸管を傷つけていき、腸管の穴を大きくし、リーキーガット症候群へと発展していきます。

 

腸管内にカンジダ菌(カビ)などが増える原因

日本人の食生活が欧米化し、腸内に住みつく正常な細菌も大きく変化するようになります。

甘いもの、加工食品、食品添加物、乳製品など、食生活が欧米化する前には食べなかったものを摂取することが多い現代的な食生活では、腸内に住みつく細菌のバランスも変化してきます。

カンジダ(カビ)はどんな人でも腸管内に常在しているものですが、免疫低下や体質に合わない食生活など、なんらかの原因で増えすぎてしまうと、毒素を出して、アレルギー、アトピー性皮膚炎、便秘、下痢、ビタミン不足など多くの疾患や症状に関与することがあります。

 

腸内細菌が作るビタミンが不足

ビタミンは食物から摂取する他に、腸内細菌によって作りだされています。

そのため、腸内環境が悪化すると細菌のバランスも変化してビタミンを作る能力も低下することがあります。

また、食物からの吸収力も低下することが考えられます。

 

免疫低下

腸内バクテリアのバランスが乱れ、カンジダ菌、病原性細菌が増加すると、免疫力が落ちて感染症を引き起こすことがあります。

カンジダ菌は、増加すると毒素をまきちらして腸の粘膜にダメージを与え、免疫力や抵抗力を落としていきます。

 

アレルギー・アトピー性皮膚炎

増えすぎた腸管内のカンジダ菌や病原性細菌などは腸管粘膜にダメージを与えるため、摂取した食べ物に対してアレルギー反応を起こすことがあります。

また、人によってはこのカンジダ菌そのものにもアレルギー反応を起こすこともあります。

一度カンジダ菌がアレルゲンとなれば似たような細菌に対してもアレルギー反応が起きることがあります。

(例えば、カンジダと近い菌種であるイースト菌にも症状を起こすようになり、パンを食べると症状が出るようになることもあります)

カンジタ菌の関連症状

・アトピー性皮膚炎、じんましんなどアレルギー疾患

・慢性的な疲労、倦怠感、関節痛、肩凝り

・目眩や耳鳴り、頭痛

・難治性の口内炎や歯周病

・膀胱炎の頻発

・リーキーガット症候群

・うつ病や不眠症

 

カンジタ菌が増える原因

・睡眠不足

・運動不足

・糖分の摂取

・人工甘味料や食品添加剤などの摂取

・アルコール

・抗生物質、経口避妊薬(ピル)、ステロイド薬の使用

・重金属の蓄積

 

食事に気を付ける

精製された炭水化物(白砂糖、白小麦、白米など)は、カンジダの大好物ですので、要注意です。

パンに使うイースト菌は、カンジタ菌と同じ酵母菌ですからカンジタを増やす恐れがあります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する