自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

尿と健康状態

血液は、不必要なミネラル、塩分、糖分、および他の化学副産物が腎臓を通してろ過されます。

その不必要なもが尿路を通り、尿道から尿という形で放出されます。

尿は健康状態と水分状態を伝えてくれます。

何を食べたか、どれくらい身体が水分で満たされているか、何か薬を服用しているかによって色が変わります。

 

尿の色と身体の状態

・淡い黄色:健康で身体が水分で満たされている正常な尿です。

・透明:水分を摂りすぎています。その結果尿に色がつかないです。

・濃い黄色~黄褐色:脱水になりかけていることをほのめかしてもいます。

・褐色:過度の脱水、肝臓の病気を示しているかもしれません。

・赤~赤褐色:尿に血が混じっている恐れがあります。一時的なものかもしれませんし、尿路や腎臓の炎症、腎臓結石や腎臓の病気、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんといった、重大な何かの兆候かもしれません。

・泡立っている:毎回起こるのであれば、尿にかなりのタンパク質が含まれていることを意味します。医師の診療が必要でしょう。

 

適正な水分摂取

定期的な水分摂取は体温を一定に保ち、腸をきれいにし、不純物が取り除かれ、肌つやが保たれもします。

正常で健康的な尿は、若干黄色いものです。そしてその黄色が濃くなるほど、体内の水分が足りていません。

水の飲み過ぎで尿が透明になると、電解質の値が不均等になります。

pexels-photo-87383

 
RESERVA予約システムから予約する