自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

天然塩と精製塩

天然塩には多種類のミネラルが含まれています。

それらのミネラルは体液の浸透圧を調整する働きをしています。

精製塩は99.9%、ナトリウムイオンで出来ています。

天然塩に含まれているミネラル類はほとんどありません。

塩の中にミネラル類は含まれていないと、体液の流れを正常に保つために 重要なイオン濃度などのバランスが崩れてしまいます。
 

精製塩は天日塩を化学的な手法で精製してミネラル分を取り除き、その成分が塩化ナトリウム99%以上になっているものを言います。

スーパーなどで売られている食塩などはほぼこの精製塩です。

この精製塩には、天然塩にあるような効能はありません。

food-kitchen-cooking-spices

 

ミネラル不足は酸性体質を作る

ミネラルが不足すると 酸性体質になります。

天然塩は体内の隅々まで浸透して、菌や食品の添加物、有害物質が入り込む余地をなくしてくれます。

天然塩には解毒作用があり、毒性物質を弱めたり、解毒機能を高めることによって体内の毒素を追い出します。

そして活性酸素の過剰を抑制してくれます。

 

塩は身体に悪くない

悪い塩とされているのは、精製加工された塩です。

積極的に摂らなければいけない良い塩とは、各種のミネラルが含まれた良質の自然塩です。

化学精製されていない本来の自然の塩は、塩化ナトリウムだけでなく、塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、塩化カリウムなど複数のミネラルを含みます。

塩は身体に悪いというのはカリウムを含まない精製塩を食べるからです。

カリウムが入っているものは不要な塩は対外に排出してくれます。

いい塩であれば健康にとても欠かせないものいものです。

 
RESERVA予約システムから予約する