自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ワセリンは酸化しやすい

ワセリンは大きく分けると白色ワセリンと黄色ワセリンの2つに分類されます。

アトピー性皮膚炎の方は精製度が高く、不純物が少ない白色ワセリンを選びましょう。

白色ワセリンは価格は少し高めにはなりますが、病院や薬局などの医療機関でも使用されており、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患のある方でも使えるのが特徴です。

ワセリンは一度開封すると酸化しやすい製品のため、酸化しないようにできるだけ早く使い切るようにしましょう。

また、ワセリンはどこにでも使えるというメリットがありますが、ベタつくので使用感は決してよくありません。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a314

 

ワセリンの種類

保湿剤として使われているワセリンには、次の3種類があります。

これらは保湿効果の点では目立った差はありませんが、3種類の違いは純度で使用する部位によってどれを使うか決定します。

白色ワセリン

最も一般的なワセリンです。

通常、どれを使っても問題ない箇所には白色ワセリンが使われることが多いです。

プロペト

プロペトは、白色ワセリンの不純物を精製したものです。

不純物は紫外線によって酸化してしまうため、場合によっては皮膚の細胞にダメージを与えることがあります。

そのため、目の近くなど、刺激に弱いデリケートな部位にはプロペトが用いられます。

サンホワイト

サンホワイトは、プロペトをさらに高純度に精製したものです。

プロペトでもかゆみが出てしまう人や、肌の弱い乳幼児にはこちらを使うのもよいでしょう。

 

ワセリンの原料と働き

ワセリンは、原油を高純度に精製して作られた、皮膚を保護する保湿剤です。

バリアのように肌表面に留まることによって、ホコリや化学物質などの刺激から肌を守る膜を作る働きをしてくれます。

化粧水や美容液などと違って、肌内部までは浸透しません。

普段のスキンケアの最後にワセリンを塗ることで、先につけたスキンケア成分をより閉じ込めると同時に、睡眠中の水分蒸発を防ぐため乾燥対策になります。

アトピー性皮膚炎にも使われています。

 

ワセリンを塗る時の注意

ワセリンを顔に塗る場合、量が多すぎると空気中のホコリを吸着して、かえって肌コンディションを悪くしてしまう恐れがあります。

また、ワセリンは水分の蒸発を防ぐ作用がある一方で、塗りすぎると水分の気化熱による体温調整ができなくなります。

皮膚に熱がこもるようになり、その結果としてかゆみは強くなることがあります。

また、元々皮脂が多い部分やニキビ部分は塗り過ぎない、または避けるようにしましょう。

ワセリンを塗りすぎると、肌表面の脂の割合が高くなり、余計に皮脂が目立ったりニキビが悪化してしまう可能性があります。

 
RESERVA予約システムから予約する