自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ビタミンCの効能

コラーゲンの生成を促す

コラーゲンは肌のハリを保つたんぱく質として知られています。

それはコラーゲンが細胞と細胞をつなぐ接着剤として、身体全体の細胞をつなぐ働きをしているからです。

ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠です。

ビタミンCの不足は細胞をバラバラにしてしまい、肌荒れ、歯茎の出血や皮下出血、ケガの治りの遅れなどの原因になります。

 

体内を酸化から守る

活性酸素は身体にとって必要なものですが、過剰に発生してしまうと細胞を酸化させて傷つけます。

これが老化やガンの原因といわれています。

また活性酸素は悪玉コレステロールを酸化させ、血管内に付着させる作用もあります。

これは動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病を引き起こす原因となります。

ビタミンCは細胞を守り、活性酸素による害を減らすのに役立ちます。

また酸化したビタミンEの再生に働き、その抗酸化作用を復活させます。

 

免疫力を高める

白血球は、体内にウイルスや病原菌などが入ってきたときに排除します。

ビタミンCは白血球の機能を強化し、免疫力を高める働きがあります。

白血球が十分に働かないと免疫力が低下するため、症状の回復が遅くなります。

 

ストレスへの適応を助ける

ストレスを感じると、副腎皮質ホルモンが分泌されます。

このホルモンは血糖値を上昇させることにより、使えるエネルギー量を増やし、ストレスに対する抵抗力を強めます。

ビタミンCは副腎皮質ホルモンの合成促進や、同じくストレス適応に働く副腎髄質ホルモンのひとつ、ノルアドレナリンの合成にかかわっています。

そのため不足するとストレスへの適応力が落ち、疲労の原因になります。

 

有毒物質の解毒を助ける

有毒物質が体内に入ったときは、P-450というたんぱく質が働いてこれを解毒します。

ビタミンCはP-450の働きに必須の栄養素で、不足すると体の解毒機能が低下します。

異物が大量に体内に入ったときは、解毒機能をフル回転させるため、ビタミンCの必要量も増えると考えられています。

 

脂質代謝を助ける

細胞内で、エネルギー源である脂肪酸を運ぶのはカルニチンという物質です。

ビタミンCはこのカルニチンの合成にもかかわるため、不足するとうまく脂質が燃やせず、疲労を引き起こす原因になると考えられています。

また、ビタミンCは胆汁酸の合成にもかかわるため、不足すると胆汁酸の材料であるコレステロールが余り、血中コレステロール濃度の上昇につながる可能性があります。

キャプチャ

 

ビタミンCと摂る時の注意点

加熱しすぎない

熱に破壊されやすい性質があるので、加熱しすぎに気をつけましょう。

水さらしは最小限に

水に溶けやすい性質があるので、水につけっぱなしにしていると、流出してしまいます。

新鮮なものを使う

ビタミンCは貯蔵中にどんどん失われていきます。新鮮なうちに、なるべく早く食べましょう。

こまめに摂る

1回に大量に摂ると、吸収率が低下します。

また吸収されたビタミンCも、体内が飽和状態になると、尿中に排泄されます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する