自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

冷え性の原因

昔から冷えは万病のもとと言われるように、冷えが続くと新陳代謝が落ち、肥満や便秘、肌あれ、肩こり、腰痛、浮腫みなどの原因になります。

冷え性の原因は2つあります。

一つは身体が熱を生み出す力が弱いこと。

もう一つは熱を身体の隅々まで運ぶ力が弱いことです。

外からいくら温めても冷え性の根本解決になりません。

 

熱生産される部位

熱生産は主に筋肉、内臓、脳で行われます。

安静時には骨格筋、肝臓、脳、各20%程度、心臓で10%程度の熱を生み出しています。

男性にくらべて筋肉量の少ない女性は冷え性になりやすです。

体内で最も効率よく熱を生み出すのは細胞内のミトコンドリアです。

骨格筋や内臓などエネルギー代謝が盛んな細胞ほどミトコンドリアの数が多いです。

 

熱と血液

体内で作られた熱を身体の隅々まで運ぶのは血液です。

血行が悪いと熱を運ぶことができないため、手足などの末端から冷えていきます。

女性は月経で血液が不足がちなため、冷え性になりやすいです。

 

深部体温の維持

自律神経の働きにより身体の深部体温を37度に調整する機能が備わっています。

寒い時は末端の血管を収縮させて体内の熱をこもらせます。

寒い時に手足が冷たくなるのは深部体温を維持するうえで正常な反応です。

 

nature-sunset-person-woman

 

血液循環が健康のための重要な鍵

血液循環は個々の細胞に栄養を供給したり、老廃物を排除したりするのに必要なばかりでなく、身体を毒素、バクテリア、病原性ウイルスから守るためにも必要です。

血液はこれらのことを、体内のあらゆる器官と連携しています。

もし、血液が不平衡状態になると、諸器官は本来の仕事ができなくなってしまいます。

イオンの平衡失調、電磁波、ホルモンの平衡失調、毒素、活性酸素などで、様々なストレスが発生すると、血液粘度が高くなり、栄養を細胞内に運搬することも、毒素を体内から除去することもできなくなります。

すると、血球などの凝集が起こります。つまり、ドロドロの血液になるということです。

そして、このようなドロドロ血液状態のままでは、身体の隅々の毛細血管への血液循環が滞り、細胞への栄養の運搬も毒素の排泄もできなくなり、気づかないうちに体内細胞が徐々に滅び、組織が異常反応し始めます。

その結果として、病気になっております。

 

冷えと肌トラブル

冷え症は、女性の大敵とまで言われる程ですから、悩んでいる女性はかなり多いです。

身体が冷えると体温を維持しようと、全身の血管がぎゅっと縮みます。

血管が縮めば血流が悪くなるので代謝は下がっていくばかりで、さらに身体は冷えてしまう悪循環に陥ります。

すると身体の隅々に栄養が行き渡らなくなり、老廃物が溜まっていきます。

それにより、細胞や臓器の働きが低下するので、肌トラブルとして現れます。

 

肌のターンオーバーの機能低下

冷えにより、肌のターンオーバーの機能が低下してしまうと、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ターンオーバーによって再生されない肌には、古い角質が溜まります。

すると、ニキビや吹き出物ができたり、メラニン色素が沈着しやすくなり、シミができやすい状態になったりもします。

また、冷えによって縮んだ血管のせいで、渋滞する血液は毛細血管を広げるため、赤ら顔になったり、クマをつくったりなどのトラブルにつながることになります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する