自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

薬をやめると免疫が正常に働き始める

アトピーは体内に蓄積した毒素を皮膚から排泄するという、免疫の正常な働きによって起こるものです。
ステロイドは、免疫を抑制することによって、一時的に皮膚の炎症やかゆみという症状をおさえているだけです。

ステロイドは、アトピーを完治させる薬ではありません。

症状がおさまるからといってステロイドを使い続けると、本来正常な皮膚の細胞が変性し、ステロイド皮膚炎となっていきます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a314

 

酸化コレステロール

ステロイドを長期間使用し、体内で分解できないステロイドは、体内で酸化コレステロールとなります。
酸化コレステロールは交感神経優位の状態にさせ、身体に様々な影響が出てきます。
また、この酸化コレステロールの反応によってつくり出された炎症性サイトカインが激しい炎症を引き起こします。

 

脱ステロイドをした結果

ステロイドが切れたために一瞬にして炎症が引き起こされます。
ステロイドをやめると、抑制されていた免疫が再び正常に働き、体内に蓄積された酸化コレステロールや毒素を排出し始めるからです。
ステロイドを長期間使用し、その後、脱ステロイドをした場合には必ずリバウンドが起きます。 

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する