東京・新宿で美容矯正をお探しなら笹塚美容皮フ整体
(小顔矯正、骨盤矯正、O脚矯正、ダイエット、美肌、アンチエイジング)

蜂窩織炎とは

蜂窩織炎は、真皮から皮下脂肪組織にかけて炎症を起こす化膿性の細菌感染症です。

蜂窩織炎は基本的には黄色ブドウ球菌などによる皮膚感染症です。

主に黄色ブドウ球菌の感染により発症しますが、他の細菌の感染が原因の場合があります。

皮膚の小さな傷や、毛穴や汗腺から感染菌が侵入して皮膚直下組織まで到達して発症します。

また骨髄炎などの深部に感染する場合や、リンパ節への感染が原因になる場合もあります。

感染部位は真皮から皮下脂肪組織です。

表皮に感染した場合は伝染性膿痂疹(とびひ)になります。

 

症状は

広範囲に皮膚がぼんやりと赤みを帯びてきてパンパンに腫れあがります。

腫れは熱感や痛みをともなう場合があります。

また発熱、悪寒、頭痛、関節痛をともない、しだいに腫れはブヨブヨして膿んできます。

そこの皮膚が破れてうみや傷んだ皮膚組織が流れ出て、深い潰瘍ができることもあります。

顔や四肢に最もよくできます。

基本的には局所に感染する病気なので、とびひして他の部分に移ることはありません。

また他人に感染することもありません。

適切な処置を早期に行えば、腫れは数日から長くても数週間で引きます。

無理をせず安静にしておくことが大切です。

 
RESERVA予約システムから予約する