自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ストレス耐性

ストレスに対する耐性は人によって変わってきます。
ほんの些細なことでもストレスに感じる人、たくさんストレスがかかっていても全然平気な人がいます。

ストレスの許容量というのは人によって違い、また同じ人でもその時期や置かれている状況によっても変わってきます。

副腎が弱っている時は、ストレスを感じやすいです。
副腎が疲れている時は、ほんの些細なことでも過敏に反応したり、イライラしたり、落ち込みやすかったり、思い悩んだりすることがあります。

しかし、副腎が回復して、ストレス耐性ができてくると小さなストレスは許容出来るようになります。

また、副腎疲労の時は、大きな音や眩しい光、そして匂いにも過敏だったりしますが、回復してくるとこれらも全く気になくなってきます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

 

副腎疲労になりやすい人

・神経質、几帳面、完璧主義

・いつも忙しい、長期的にストレスがかかっている

・人から物を頼まれると嫌と言えない人

・細かいことが気になる人

・我慢することが多い人

・睡眠不足、夜更かしをすることが多い人

・甘い物をよく摂る人

・ファーストフードや外食が多い人

・市販薬やアルコールを常飲している人

・パソコンを使う時間が長い

・交代制勤務、長時間労働

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する