自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

アトピーと汗の関係

アトピー性皮膚炎において汗は悪化因子の一つと考えられています。

汗には体温調節や、病原体からの防御、皮膚に潤いを与えるといった大切な役割があります。
汗の中には抗菌ペプチドが含まれて、炎症の原因となるブドウ球菌などの表皮常在菌に対して皮膚を守っています。

アトピー性皮膚炎のヒトの汗は正常人に比べて抗菌力が弱く、発汗量も少ないので雑菌が繁殖しやすい環境にあります。
そのため、アトピーを悪化させる黄色ブドウ球菌をはじめとする菌の数が減らすことが出来ず、アトピーの悪化や様々な感染症にかかりやすくなります。

 

もし汗が出なければ

皮膚は熱をもち、病原体に感染しやすくなり、乾燥してしまいます。
これらの症状はアトピー性皮膚炎を悪化させます。

正しく発汗できる状態に導くことが大切です。

アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患で生じる発汗低下はヒスタミンが関与していると判明しています。
治療の目的で抗ヒスタミン薬を内服していると、発汗が抑制される場合があります。

 

皮膚バリア機能の低下と発汗

掻くことによる皮膚の損害や皮膚のバリア機能の低下により、発汗の調整が傷害されている場合もあります。
発汗が抑制されると体温が上昇し、かゆみがさらに強くなります。

アトピーの人が発汗量が少ないのは皮膚を掻いて皮膚の内側にある汗腺の機能が壊されるというのもありますが、アトピーの人は運動すると痒くなるからあまり運動しないといったものもあると思います。

 pexels-photo-110470

皮膚のph

運動をすると血管が拡張するのでお風呂に入ったときと同じように痒くなります。

汗を放置すると皮膚のphが上がり弱酸性からアルカリ性へと傾いてしまいます。

皮膚を弱酸性に保つということはとても重要なことで、皮脂と表皮ブドウ球菌が弱酸性にすることで皮膚を守ってくれています。

汗を放置するとアルカリ性に傾いてしまい皮脂と表皮ブドウ球菌が存在できなくなってしまい、皮膚のバリア機能の低下や感染症へのリスク増加、黄色ブドウ球菌の増殖など様々な悪影響が起こります。

 

汗をふきとる

汗は汗腺という皮膚の中にある器官からでてくるので、皮膚がある程度正常に近い状態でないと汗を上手く出せないです。
アトピーが重症の人は汗腺が皮膚を掻き壊していることが多いです。

汗対策の秘訣は汗をかいてから、いかに短期間でふきとるかです。
放置する時間が長ければ長いほど皮膚のphはアルカリ性へとシフトします。

 

エアコンが身体に与える影響

夏場にエアコンの効いた部屋の中で、じっとしていると汗を出す機能は落ちてしまいます。

エアコンは、湿度を下げ ることで空気が乾燥させます。それに伴い、皮膚が乾燥してしまいます。

また、風を直接浴び続ける ことも肌に負担がかかります。

エアコンの温度設定が低すぎると、身体が冷え切ってしまいます。

そして、エアコンが効いている所から暑いところに行ったりすると、 体温調節機能が乱れ、自律神経が狂いやすくなります。

 

掻き癖

同じ場所を繰り返し掻いているうちに条件反射のようになり、無意識に掻くようになってしまいます。
同じところを掻いているとそこの皮膚がだんだん薄くなって弱くなり、掻き傷もだんだん治りにくくなるため掻き癖による皮膚炎は治療が困難になります。

 

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する