自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

スキンケアの原材料

界面活性剤不使用・防腐剤不使用・香料・着色料無添加・自然派・天然由来と容器に書いていても実は化学物質は含まれていることも多々あります。

不使用とは商品の製造工程で化学物質を使用していないという意味です。

原材料には化学物質が含まれていることもあります。

界面活性剤や防腐剤が含まれたスキンケア用品を使用すると、角質層はダメージを受け皮膚表面は脱脂状態になり肌バリアが弱まります。

また皮脂膜や細胞間の脂質が奪われ水分蒸発が進み乾燥肌になってしまいます。

間違ったスキンケア用品選びが肌に自然に備わっている保湿機能を低下させます。

ワセリンは石油を精製して製造されますので皮膚に良くありません。

また入浴時には綺麗に洗い落とさないといけず、ゴシゴシと洗浄することで皮脂を奪いかねません。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

 

界面活性剤の性質

界面活性剤は本来混じり合わない性質を持つ水と油を混ぜ合わせることができます。

合成洗剤や純石鹸にも界面活性剤が使われています。

洗剤の他にも医薬品、化粧品などの成分として広く使われています。

界面活性剤は浸透作用、乳化作用、分散作用という作用を持っています。

 

界面活性剤は残留する

洗濯機で洗っても合成洗剤は一定量、衣類に残留することがわかっています。

この残留した成分が界面活性剤です。

また、柔軟剤も界面活性剤が使われていますので、柔軟剤を使うとより界面活性剤が残留しやすくなります。

特に下着などは直接肌に触れるので界面活性剤が溶け出して、肌に付着しやすくなります。

 

アトピーへの影響

洗濯が終わった衣類に付着している界面活性剤には浸透作用があるので、長時間、肌に触れ、汗などの影響を受けると肌の傷の隙間から体内に侵入します。

また、界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる性質があるため、水分と脂質からできた皮脂にも容易に混ざり、皮膚バリアを壊します。

アトピー性皮膚炎の肌は炎症やかき傷があるので、残留洗剤が入り込みやすいです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する