自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ヒスタミン放出

アレルギー反応は、アレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)によって引き起こされます。

アレルゲンに触れると、身体は外界からの侵入者を察知します。

アレルゲンは血液中のIgE抗体と結合します。

すると、肥満細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、こうした物質は身体が有害だと察知した外敵を撃退するため、全身に瞬時に運ばれていきます。

ヒスタミンは、体の局所で炎症を引き起こします。

発現する症状は、ヒスタミンが放出される部位によって異なります。

鼻水、眼の痒み、涙眼、息切れ、肌の乾燥は全て、肥満細胞が局所で反応している徴候です。

 

IgEの産生

IgEは、抗体と呼ばれるタンパク質の1種です。

IgEは、アレルギー反応において重要な役割を果たすため、アレルギー抗体と呼ばれます。

特定の物質(アレルゲン)にアレルギーを持つ場合、免疫系は通常は無害な物質を身体に有害なものと認識します。

こうした特定物質に触れると、免疫系は身体を守ろうと、IgEの産生を開始します。

IgE抗体は体内にとどまり、次に同じアレルゲン性物質に接するとアレルギー反応を起こすことがあります。

結果として、アレルギーを持つ人では血中IgE濃度が増加しています。

 

肥満細胞

肥満細胞は、免疫系の重要な細胞であり、全身に存在しています。

肥満細胞には、ヒスタミンなど複数の化学伝達物質が含まれ、ヒスタミンは炎症を引き起こします。

 
RESERVA予約システムから予約する